「ほっ」と。キャンペーン

考えるなら

「方」がつくと、
どうしても「方」とは?と考えてしまう。
私自身のことを思ってもいくつもある。

たとえば、
夫婦のあり方とか、
親としての関わり方とか、
受験の時も、勉強法=仕方が気になったし
息子を妊娠中は、妊婦としての過ごし方について
本を読まない日はなかった。

そうしていたころが楽しかったかといえば・・・
受験の頃には、2度と戻りたくない!
妊娠中や育児の間もそうだが
そうなって安心したことよりも
そうならないことに
焦ったり不安に感じることが多かった。

大局でものを見れていたら
先に希望を抱いて、今をどう生きるか考えていたら
「方」はあっても「方」にとらわれず
自由に、自分の意思で
もっと違う時間を過ごせたのになあと、今は思う。

ああ、だからだ!
料理本を見ながら料理すると
私は、ストレスがたまるのです(^^;)
途中でイヤになるのです。

美味しい料理の作れる妻でなければならない
子供の成長を考えた料理をしなければならない
そこから出発することが多くて
そして
このとおりでなければならないと思っていたから。

作り終わっても・・・なんだか満たされない。
その上、ほめてもらえないと
逆切れする!「もーつくんない!」

うわー・・・もったいない。
もっと楽しくなっただろうに!
その時間。。。

というわけで

考えるなら、
「+になることを考える」と
友達の父上に教えていただいた
そのことを、ここでもう一回復習です。

「考えるなら、+になることを、考える」
[PR]