「ほっ」と。キャンペーン

のぞみ

シルバーウイーク、みなさん、いかがお過ごしでしたか。
私は、パソコンともしばらくお休みして
家のことを中心に過ごしました。

楽しみだったのが、NHKドラマの「白洲次郎」。
どうしても眠気のピークがやってくる時間帯での放送だったけれど
三夜連続の2日間はパッチリみることができました。

映像がすごくきれいで、役者さんもすごくステキで
英語の発音がすごく自然で・・・
どっぷり番組に入り込んでみました。

吉田茂、近衛文麿、たしかに歴史の時間になんとなく聞いたことがある。
でも白洲次郎という名前は、聞いたことがなかった。
白洲正子さんの著作にどっぷりハマった時期に、白洲正子さんのご主人ということで
存在は知ったけれど・・・
ドラマだから、ドラマティックになっていると思う。
でも
遠からずなのではないかな・・・。

で、楽しみにしていた昨晩。最終回。
あと三十分で始まるというときに、強烈な睡魔に襲われ、
テーブルでうたたね・・・。
はっと気がついて夫にチャンネルを変えてもらい、
ソファーに座り見始めるも、、、目があかない。
気がついたら、終っていました。

「俺が最後までみちゃったよ。なかなか面白かったなあ
 ああいう人が、あの時代にいたんだね、すごいなあ」と、夫。

・・・なんで寝ちゃったんだろう・・・なんかもう脱力。

子供の頃、日本昔話の雪女の見逃した、あの翌朝の気持ちと重なった。
どうしてこう、肝心なところをはずすんだろう・・・。
悲しすぎてアホ過ぎて、涙も出ない。

「再放送、するかな・・・」

どん底で振り絞った言葉に

「きっとやるよ」

と言ってくれた夫のコトバが、私の希望、です。


c0050708_9461287.gif
*リンクしてくださる方、バナーをどうぞ。(提供:Tさん、ありがとう!)


人気ブログランキングへ *ブログランキングに参加しています☆ワンクリック!よろしくお願いします
[PR]