タマラさんのお話から・・・

11日は、東京タマラエナジー体験交流会のスペシャル版
タマラさんをお招きして、いろんなお話をしました。

28名もの方が集まってくださって
話しは多岐にわたり、考えることも多くありました。

海老蔵さんのことから話しが始まったことが
意外な感じでしたが、

みなさんの話しを聞きながら
例えば、同じ記者会見を見た上でなのに、見ているポイントが違ったり
見ていて思ったこと、考えたことが、違う。

あ、そんなふうに思ったんだ、そんなふうに感じたんだ。

ということは・・・

人ごとを通して、自分の思いや考えや、考え方の癖など、
今気づくこととかそういうヒントがあるんじゃないかと思いました。

人ごとは、自分ごとで考えるより
淡々と、ポイントをついて考えることができますよね・・・(^^)

私の場合
海老蔵さんのお父さんが、記者会見で「海老蔵さんは酔うとどんなふうになるんですか?」
という質問があったときに
「ごきげんになっちゃう」と言われたのが、キョトンでした。

この場において、「ごきげんになっちゃう」ですか?

ポカン、キョトン・・・私にとってこの「ポカン、キョトン」は、
考えるべし、のサインです(これまでの誘導瞑想の経験からも言えることです)

そこでポカンとしたということ、キョトンとしたということは、
そこが、私の中の落とし穴、だったのだと思い、それから考え始めました。

すると、途端に、心に抵抗勢力が現れる(く、く、くるしい)。

もう一回「人ごと」に戻す。

そんなこと、この場でいうってどうなんでしょうか?
芸人と私人との境界の甘さを感じます。
この親にして、この子、って思われます。仕方がないなって、思われます。
場をわきまえ、この芸を守っていくんだと言う気概が感じられない。
子どもは可愛い、でも、可愛がり方が違う気がするなあ。
一言で台無しになることも・・・あるんだなあ。
顔で笑って、心が離れてしまう人、いっぱいいるだろうなあ・・・。

「言行一致」

「子は親の背中を見て育つ」

「人+言=信」

考えることはまだまだたくさんありますが
海老蔵さんの今回の事件は
いろんなことに気づく、感謝すべき「人ごと」だったのだと思い、
以来、ふと見たもの、ふと聞こえてきたことを
もっと気に留めてみるようにしています。

海老蔵さんのことから、宇宙のことまで
また、「むかつくー!」ときのストレス解消法などなど(^^)

本当にあっという間の3時間でした。

タマラさん、参加くださったみなさん
本当にありがとうございました。

これからも、東京タマラエナジー体験交流会をよろしくお願いします。


これからも「クリック」お願いします☆  人気ブログランキングへ
[PR]