目は心の窓

あるものを探して、あちこちのお店をはしごしました。

「あーないですね」「昨日まではあったけど…」

仕事をしながらの人もいれば、しっかり目を見て笑顔で話してくれる人もいる。

あるお店では、脚立にのぼって高いところの商品陳列をしていた女性が
わざわざ脚立から降りてくれて、
「うちにはないけど、あそこのお店に行ったらあると思うよ」と
系列でもなんでもない別のお店を教えてくれた。
「どこから来たの?」
「だったらあそこに行ってみたら。昨日はあったからね」
親戚のおばちゃんに相談しているような気持ちになった。

このおばさんもそうだったけど
しっかり目を見て、笑顔の目で、聞いてくれて話してくれた店員さんのことは
今でも顔が思い浮かぶ。

「目」って大事…と、改めて実感。

目は、本当に正直。
自分でも鏡に向かったとき、自分の目を見て
コンディションを見ていたけれど
おばちゃんたちの笑顔は、強い。
心にしっかりしたもののある強さを感じ、

あんなふうに生き生きした「目」でいたい。

そう、正月三日に思う。


これからも「クリック」お願いします☆  人気ブログランキングへ
[PR]