今回の共通テーマは「食」

東京タマラエナジー体験交流会も無事終わりました。
参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

「委ねる」

タマラの基本であり、私がタマラと出会ってから
一番最初、そして一番時間をかけてやってきたことが
「委ねる」ということだったと振り返って思います。

そのことがとても大切なことだと気づくのには
私は時間がかかりましたが
気づいたら、すぐに伝えたくて、その心地よさを分かち合いたくて
自分自身ももっと委ねることを身につけたくて
この会を始めました。

会の時間の半分は、お互いにタマラ・ヒーリングをし合います。
10分で交替として始めるのですが、気持ちいいので、
もう10分延長の交渉となります(^^)

自分の気持ちよかったことは、人にもしてあげたくなる。するのが楽しい。

そうしているうちに、自然に「委ねる」ことができるようになっていきます。
しなければならない、ではなく、自然にやっている。
そのほうが気持ちいい、そう自分自身がわかってくるのでしょうね。

昨日は、もしかしたらもっとヒーリングを続けたかったかな?(^^)

その後に、お菓子を囲んで、好きなお茶を飲みながら話をします。
質問したい人は質問を、近況を報告したい方はお話を、
でもいつも、何か「テーマ」が自然に浮上してきます。

昨日は、「食」がテーマでした。
菜食中心、マクロビオティックを暮らしに取り入れていらっしゃる方のお話
そこから、塩やお醤油、お味噌、そして、食べ合わせの話、
そして、日本の伝統的な保存食のことや、おばあちゃんのつくる「不思議な薬」の話など
いろんな話が出てきました。

体に取り入れること。
年齢を重ねるにつれて、体がほしがるもの、それを取り入れたときの変化を
実感していらっしゃいます。

費用対効果の話にもなり、ものすごく納得しました。
嗜好品にはポンと出せる金額が、
日々の味噌、塩、米ではなぜか出せない・・・(^^;)
普段の生活、お金の使い方を見直す目から鱗の話でした。

「それぞれ」であること。
そこに、いろんな知恵が、経験が、実感があって、話が尽きませんでした。

食を通して自分自身と向き合うこと。
タマラを通して自分自身と向き合うこと。
その実感をシェアしあった時間、本当に貴重な時間になりました。

来月も、24日(木曜日)午後1時半〜4時半まで
かつしかシンフォニーヒルズ別館和室「ひびき」で
体験交流会を行いますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。


今回「行きたいけれど、インフルエンザになっていて残念」
「子供がインフルエンザで」というメールをいただきました。
インフルエンザ、おなかの風邪、など流行っているようですね・・・。
来月は、元気で皆さんとお会いできるのを楽しみにしています(^^)



これからも「クリック」お願いします☆  人気ブログランキングへ
[PR]