今、ここにいる

はじまりの4月1日。

今日一日を振り返って思ったこと。

無数の課題という「未発送の荷物」が出荷待ちをしているような状態ではある。

でも、出荷先を見ていくと…

荷物は、自分の未来のへの届け物であることに気づく。


「どんなに難題と思うことでも、考え続けてやり続けていれば、
 最初では思いもよらなかった方法で、思いがけない展開で、できるようになるってこと
 今回の機関誌のレイアウトをしていて思ったんですよね。
 だから、編集長、思いを叶えるやり方は、向き合い続ければあります」


こういう言葉をくれる仲間、困ったときかけつけてくれる仲間がいて

私は、未来への荷物を運んでいる。
[PR]