恋こそ、愛こそ

好きな人への想いを抱いている時
人はとっても素敵な表情になる。

好きな人がいるって、いいな…。

スカイプの画面、大きな画面に友達が
小さな画面に私の顔が映る。

同級生でシングルの友人がけっこういるが、彼女もそのひとり。
想いを寄せる人がいる。
彼女の顔にスイートな色が映るとき
小さな画面の中の私も、薄紅色をもらったような顔になっていた。

「恋」に当たる英単語はないと聞いた。
「恋に落ちて」も、foll in love だったことを思い出す。

ただ、付き合っていても「愛している」と言葉にして伝える時、
そこが1つの「山」だとも聞いた。
「愛している」と伝える前が「恋」なのかな?

一回の電話に、一回のメールにドキドキするような
感性がピチピチした時間を過ごせるって、本当に素敵だと思う。

なぜこんなに「いいな〜」と思うのか…と考えた。

好きな人がいる、憧れる人がいるとき、
超ポジティブで、すべてを成功に繋げて考えて
1ミリも疑わず「実行」していく自分、その疾走感を知っているからだ。

好きという想いが、原動力になって、毎日、毎瞬がときめきの連続になる。
恋は、気が抜けないのです。
いつ、チャンスがそっと横を通り過ぎるかわからないから。

はあ…全身全霊フルパワーで駆け抜けたい!

「こんなことを考えるのも、夏の終わりだからかしらね〜」

そういって友達と笑った。


<<<<< Reiko's News >>>>>
●18日、ロンドンでは、タマラ・加藤憲子さんがイベントに出展されます。
●25日、東京タマラ交流会を行います。どなたでもお気軽にどうぞ。
●26日、「洋子さんのアロマ時間」を開催します。
※詳しくは、このブログを少しさかのぼってください。
 お問い合わせ、お申し込みは、bluebean@g-duplex.bias.ne.jp まで

[PR]