「実」を掴むために。

今日、私は○○をする。

この○○の部分に、毎日たくさんのことを入れ込んでいたが
それを今「一個」にしている。思考と行動の整理整頓として。

今日、私は○○をする。これは必ずやり遂げることとしての「一個」。
それをまず集中して完了までやると、達成感と安堵感が得られる。
気持ちに余裕が出て、明日の「やり遂げる一個」に向かう気力が増強される。
視界が広がって、事に向かうポジティブ度が上がるのを感じている。

実は、英会話のトレーニングを始めているのだが、
今日先生から言われたことが、
「誰が(主語、主役)何をした、どうした(述語)、がまず来る、それが英語だよ」

どうも私は日本語と同じ文法で、単語を思いつく限り並べているらしい。
(自分の中では思い切りEnglishしているのだが^^;)

そう聞いて、今までの仕事の仕方とそっくりだなと思った。
あれもいいたい、これもいいたい…。
思いつく限りを、言う。日本語の文法で…^^;)
あれもしたい、これもしたい、
あれもしなければならない、これもしなければならない…。
思いつく限りを、一気に詰め込み、運ぼうとする…^^;)

自分では言ってるし、やってる。
でも、今のままでは、自分を表現しきれない。どんなに熱い想いがあっても!
それは私の意図するところではない。
想いのボルテージとともに、確実に意味が伝わり確実に実行につなげていくこと。
実行し、実現して、現実にすること。アラウンド40は「実」をとるのだ!

まず、「私は○○をする」とにかくそこを徹底してみよう。
毎日1個実行したら、一週間で7個、一ヶ月で31個、
一年で365個のことを実行することになる。

コツコツ。苦手なんだよ〜〜〜〜コツコツ。

英会話は、先生が本当に気が長くて、
上達する事を信じてくれている。私がそれに応えたいから頑張る。
仕事は、達成感、爽快感を日々の糧にして頑張ろう。
[PR]