「ほっ」と。キャンペーン

八丁堀→大崎

音さんと八丁堀で合流し、彼女がこよなく愛するマレーシアごはんを食べる。

マレーシアごはんは、子どもの頃、散々遊んだあとに食べる
ばーちゃんの作った昼ごはんの味。
…わかるだろうか? 音は「?」な顔をしていたが。

食べると安らぐし、疲れがとれて、午後の遊びにかるーく移行できるごはんなのだ。
昨日は「ラクサ」という麺料理を食べたが、
辛いけどうまい、うまいけど辛いそのスープを夢中ですくう私を
音は「アジアごはんへの愛を感じる」とケタケタ笑っていた。

その後、ミーティング。
ショートスパンにいこうという音と、ロングスパン気味な私の合戦?
互いに「なぜならば」の論戦?の末、
急ぐところと時間をかけるところを見極め、「納得」。

その後大崎に移動し、今後の活動の拠点を探す。
(といっても、なるべくいい環境で会って話ができる場所を探した感じ)。

大崎に何となく居心地の良さを感じている
(といっても駅と直結したところしかいったことないのだが)

さあ、本格始動ですたい!(音の熊本弁うつる)
[PR]