「ほっ」と。キャンペーン

息子のタマラ・ヒーリング

私は、慢性肩こりさんです。
普段は自覚症状なしの肩こりさんですが
ゴリゴリに凝って、たまりかねる時もある。

あまりのしんどさに、はじめて息子に「頼む」とヘルプ。
彼はイスに座り、私は床に座って、
クイズ番組を見ながらヒーリングしてもらった。

サロンパスは、貼るだけ。
息子は、手を置くだけ。
背中を向けて、床に座ると、手が肩に乗った。
その手の感触に、、、あれ?
小さい頃、手をつないでいた頃の、息子の手がふわっと甦る。
すっかり中学生なのに、不思議な感覚、不思議な気持ち。

二人してテレビに向かって、クイズ番組のリビング回答者。
揉みもせず、叩きもせず、手を置いている息子と、
手を置いてもらっている母親。

番組が終わると、にわかに他の事がしたくなったのか、
「もういい?」というので、
「ありがとう、いいよ」と立ち上がった。

ぐるんぐるんと肩を回す。

軽い! 楽! すごい!!!!!
嘘のように、という表現があるが、まさに「嘘のように」軽い。
ゴリゴリしていない。

心から、本当に心から有り難かった!
凝りすぎて気持ち悪くなりそうなくらいだったので
本当に、「ありがとー!」だった。

タマラは、アクティベーションを受けることで、
その人のエネルギーに溶け込む。
エネルギーは彼の思いによって動く。
クイズ番組を笑ってみていたのも、
結果的にはよかったのかもしれない。
すっかりリラックスしていたから。

その手に親子共々、互いにすっかり委ねきったひととき。
そして、すっかり肩が楽になったこと!

この経験、この実感は、私にとって大きかった!

後ろ向きになって、彼を「手」で感じた時に、ハッとしたこと。
ここのところ、息子の顔を見て、態度を見て、行動を見て、
ついついガミラーに変身してしまう私にとって、
この感覚とも、しっかりと向き合おうと思う。

たぶんキーワードは「シンプル」そして「原点」
[PR]