「ほっ」と。キャンペーン

理科好きの血

今日は『腸脳力』の長沼さんとの仕事でした。
彼の話を聞いていると、体の仕組みは本当に面白く、理科好きの血が躍ります。

タマラさんの伝える人本来の生き方、
一人一人のサポートとなるタマラのエナジー、
そしてアクセスハートコミュニケーションや
新しくスタートするトラストハートディスカッション。

すべては、自分を大切に自分を発揮して
自分を大事にいきいきと生きるために
役立つ言葉であり、エナジーであり、トレーニング。

長沼さんは、
その「自分という素晴らしい資産を発揮して生きる」ことを、
体、生命科学の方面から伝えてくれる。

語られる話のひとつひとつは、科学者たちの、
命果てるまで踏みしめ歩き
次の世代にリレーしながらも
「解き明かしたい」という一筋の道がある。

それが話のすべてを「支え」ていて
それゆえに、実に、実に、面白い。

如何に生きるか、どう生きたいのか。

仕事の続きが楽しみです。
[PR]