核心を突く 2

鹿児島での
アクセスハートコミュニケーションセミナーでは
「核心を突く」ということが、
明確な目標になっていた。

参加者が奇数の人数だったため、
スタッフの私も中に加わらせてもらい
一日セミナーを皆さんと共に受け、
トレーニングに取り組んだ。

アクセスを受ける事で、自分はどうなりたいのか。
そこを明確にして取り組んだ結果、
ひとつの感覚=手応えを得る事ができた。

ひとつのビジョンを掴んだ時、
「意味が分からない」という時がある。

今までは、
そこから考えを進めていく事ができなかった。
ビジョンどまり。
何を意味するのか、何を象徴しているのか
さっぱり展開も、解剖もできていかない。
できたと思っても、それこそ「1」でも書いたように
見当違いだったことの方が断然多かった。

しかし、今回は考えを展開する、
視点を変えていける感覚=手応えがあった。

それは、あくまでもこれは私の感覚としてだが
掌がふるいになったような感じで、
ふるいを振っていると、
本当に必要なことが掌に最後に残る。
そんな感じだった。

面白い。
何より、すっきりして穏やかで揺るぎなかった。

この感覚をもっと研ぎすませていきたいと思っている。

セミナーを受ける方には、
「なんのためにセミナーを受けるのか」
その自分の動機を、シンプルに端的にしておくことを
お勧めしたい。

自分にわかる、自分の「これ!」という動機を持っていれば
今までよりも手応えが増すと思う。

この週末は、
トラストハートディスカッションセミナー。
受講される皆さんに、
それぞれの「手応え」を感じてもらいたい。
[PR]