何も残さない2

やり切れば、本当に何も残らないものなんだ。
本気でやった時の事は、、、
やりたくてやったことなので、すごくも何ともなく自分の中で終わっている。
その感覚を思い返した時、私は、社長のブログ「あかね雲」のビジュアルが
思い浮かんで、自分なりに納得するものがあった。
そう、今日一日やり切ったら、私は明日に向かって立てる。明日を堂々と指差し目指せる。

東京でのトラストハートディスカッションで、
「自分が進むために、自分が何に対して不満を抱いているか」
についてグループディスカッションしたのだが
究極行き着いた結論は、
自分のパフォーマンスへの不完全燃焼、不本意な気持ちであり
そのためにも省みる時間を持つこと、だった。
それによって私は、期待感を抱いて明るく明日を迎えられる。
今日のことが見事に肥やしになる。
肥やしはいつまでも肥やしとしてない。
分解されて生育に必要な栄養となって使われていく。
分解されてこそ、跡形もなくなってこそ、肥やし。

何も残さない。一日一日をそのように過ごそう。
気持ち良く!
[PR]