「ほっ」と。キャンペーン

笑う

昨夜、腑に落ちました。
笑うって、すごいということ。

頭をクールダウンさせたくて、何気なくテレビをつけたら
ぴったんこかんかんの“カンカン観光”の過去の番組の
ダイジェストが流れていたんです。

泉ピン子さんって面白い!
どんな役もこなしちゃう。
安住アナとのコンビがまた面白い!

単純におかしくておかしくて、家でひとり声あげて笑っていました。
まさにコメディ。
コメディって、変なことをすれば笑えるかって、そういうんじゃない。

「なりきり、やりきる」

だから、本当に今思い出してもおかしい!
あとで思い出しても面白い芸人さんって・・・今、いるかしら。

ゲラゲラ涙流して笑った後は、家事をして家族が帰ってきて遅くにご飯を食べて・・・

で、思った・・・「あれ? なんだか私マイルド?」

で、また思った。
そういえば、ちょっと前、カリカリ仕事をしている時に、息子が
前々から面白そうだね、と言っていた『ジョニー・イングリッシュ気休めの報酬』を借りてきて見始めた。
あの時もそう。ローワン・アトキンソンが面白くて、面白くて、
最初から笑いっぱなしで見終わって・・・あの時も自分の中がマイルドになった感覚があった。

【仮説】
マイルドになると、今ここにいること、今やっていることを自然に楽しむモードになる。

【実証】
☆動くのが楽しくなった。

☆料理をするのも、次々にアイデアが出てきた。
ししとうの豚肉巻きで、のこった豚肉を肉豆腐に、肉豆腐をつゆだくにして、おそばをゆでてそのおつゆに。
そんな感じで、ポンポンアイデアが出た。
しかも、味加減もGOOD!

☆家族が帰ってくるのを、のんびり受け入れられた。
いつもは、「帰って来ちゃった・・・」という気分だったな、と思った。
口癖は「ちょっとまって、ちょっとまって、ちょっとまって」&「お願い、自分のことは自分でやって」
でも、マイルドなときは、単純に帰ってきたことが嬉しい!「さ、ごはんにしよう!」と自然に切り替えられる。

☆会話がたのしい。
マイルドじゃない時は、嫌なところばっかり目について、攻めたてたり。。。
マイルドな時は、「話」ができる。いいところが目に入る。耳に入る。
それを言葉にして伝えられる。

☆状況は変わらなくても、向き合い方が変わる。
思い返せば、何も状況は変わっていないけど、心持ちが変わって、
やること、できること、うまくいくことを考えるモードにすぽんと突入できている。
その自分をただ信じている。


・・・ということで、仮説は証明されました☆


笑う時は笑う! 大いに笑う! 


あのタイミングでテレビをつけて、ホントによかったです(^^)
これも、思えば「直感」ですね!
[PR]