「ほっ」と。キャンペーン

邪馬台国のチサとオト

昨夜は、グラシオブルオの人形劇「邪馬台国のチサとオト〜夜明け〜」を観に行きました。
日中は、東京タマラ交流会in青砥に、
この物語の著者であるタマラ・加藤憲子さんにお越しいただいて、
物語にまつわるお話や皆さんの質問などにお答えいただきました。
参加された皆さんで人形劇に足を運ばれた方は、とても感慨深い様子でした。

原作をお読みになりたい方はこちら。
ブログ「あかね雲」『邪馬台国のチサとオト』

私はと言えば・・・
観ていたとき以上に今、その余韻が大きく。。。
それだけに、もう一度ゆっくり観たいなと思うのですが、
さてどこでどう時間をつくれるでしょうか。

素晴らしい演出、素晴らしいスタッフワーク、
人のイマジネーション、体の動き、
人形を通して伝わる、人間の素晴らしさ。

多くの方に観ていただきたいです。
グラシオブルオHP
[PR]