今年最初のアクセスハートコミュニケーション ②

開始前、タマラさんからホワイトボードにある一文字を書くように言われる。

「真」

最初書いた時、「タマラさんに言われて」書いていた。

「落ち着いて、もっとよく考えて」

・・・あ、もう始まったんだ、そう思った。

ホワイトボード全体を見ること。
その中で、どのようにその一文字を書くか。

書く。消す。
書く。消す。
書く。消す。
何度書いても、軽い。
ただ大きいだけでは違う。
ただ勢いよくでも違う。
書く。消す。
書く。消す。
書く。消す。

ざわざわしていた会場が、徐々に静かになっていく。
最後、背中に熱視線を感じながら、静かな熱さの中で書いた。
でも・・・思うように書けなかった。

ホワイトボードが「今」という時空だとしたら
そこに書き表されるべき「真」は、私。
「本来の私」だと思う。

おそらく書いたのは「こんなもんかな…」としている私だった
そう思う。
今の自分が全部出ていたと思う。

「真」の文字を書くところから始まって
タマラさんが話を始められた。




***
blog
Reiko.S「自分らしく生きる」
目覚めの直感
work
アクセスハートプロジェクト
アクセスハートプロジェクトfacebookページ
favorite
あかね雲
***
[PR]