日記

今年から日記をつけている。
ここ数年ずーーーーーっと
思い立っては元日から書きはじめてはいた。
でも
立春にもなるまえにすっかり書かなくなっていた。
一日書けないと、なんか不完全なものになった気がして
テンションが下がり、思い出して綴るもそれは
もうその時点で中古品、アウトレットになったような気がして
そして日記は、私の暮らしからフェイドアウトしていった。

が、

今年はいまもってなんとか続いている。
どばーーーーーーーっと書いている日もあれば
一行、一言、の日もあるし
なんと、書いてない日もある。

が、テンションはさがっていない。

ただのノートに線を引いた、お手製の「五年連用日記」。

一年後、何も書いてない日の下に書くとき
なにか思うこともあるだろうが(なんや書いてないのか、とか…)
それはそれで、いいではないか(^^)
それをみれば、「やっぱ、なんかかんか書いとく方がええな〜」
と、そういう気持ちになるし。(毎年同じ日が シロ だったら面白いかも)

ただ

夜、日記帳に向かうとき「あれ? 今日何したっけ?」と
今日のことが思い出せないときがあって…
イワシを食うぞ
と、思いつつ
「家で仕事」と書いて終わる、私の日記帳でした。
[PR]