新風舎の破産と、私。

絵本『おおきなさくらのき』は、新風舎から
共同出版でつくった絵本です。
その出版社が、共同出版等のやり方を著者から訴えられたことにより
最終的に破産に至りました。

「あなたも被害者なのよね」

と言われるまで「私、被害者なの?」でした。

でも、気持ちの危機回避だったかもとも思う。

そう思いたくなかった、そう思ったらお金を出してくれた
親に申し訳なくて、どうしようもなくなる自分がいたし、
そんないい加減な経営、やり方のところを
選んだ自分が恥ずかしいし、
金で出版できた本、だなんて思ってほしくないし・・・。

凹むもん。自分の馬鹿さ加減に。

でも、本当に、この話はどうしても伝えたかった。
この話は、私の「本当」だから。
それまでも、「破産にせんといてー!」

ミクシーに「新風舎問題を考える」というトピックがあります。
最初は、どうしても読めなかったのだけど
再生法の適用申請が却下され、破産が現実になって
やっと腹がすわりました。



潰れたんなら、自分のものは、手元に返してもらう。




今、そのことを、上記のトピックで情報収集しているところです。
いろんなことをこのトピックで知ることができました。
さまざまな問題の臭いを嗅ぎ付けていた自分にも気がつきました。
ただ、その臭いから、「で、どうなってるの?」をもっともっと
リサーチする行動が足りなかったんだ。


今は、「ああ、あのときもっと…」っていう気持ちは消せないし
親にも申し訳ないって思ってるけど
同時に、「あの話を出し続けるぞ」って思ってる。
どういうカタチにするか、を、考えてワクワクしている。


ずっと、あたらしいカタチにしたかったけど「契約」があったからね。
契約は、これで解消。こころおきなく、新しいカタチにできます。



やーーーーーーーっと、新風舎の本じゃなくて
私の「話」として、私の手の中に戻ってきた気がします。


倉庫でまってる実物の「おおきなさくらのき」に
家に帰ってきてもらうための行動を起こします。



*人気ブログランキングに参加しています!*
よろしければ、こちらのバナーをクリックしてください。1票になります!
ランキング画面が表れましたら、「Reiko Aomame」を探していただき
クリックしていただくと、もう1票入ります! 応援よろしくお願いします*

 ←こちらをクリックしてください。


*メルマガも書いています*無料でお読みいただけます。よろしかったら登録ください。
Yahoo!メルマガ メルマガ登録はこちら!
[PR]