「ほっ」と。キャンペーン

衝撃

打ち合わせに向かう電車の中。
向かう先は、神楽坂。

「あ、そうだ。久しぶりに赤城神社に寄ろう」

地下鉄を降り、地上に出て角を曲がる。
曲がった時点で、正面に神社の大きな木々と社殿が見える・・・

「・・・え? 神社がない。」

木々は立っている。でも、その向こうに社がなく、その向こうのビルが見える。

「うそうそうそ・・・」

なんでビルが見えるのかが、わからなくて最初は頭の中が整理つかなかった。
久しぶりに、と思っていた場所がないというショック。

どうしてないの? まさかマンションとか立つんじゃ・・・。
もし、そうだとしたら・・・神楽坂のこの街の人はそれを許したの?

神社門前までの20メートル。頭の中はいろんなことを考えていた。
入り口に立つと、そこに張り紙がしてあった。
新しく社殿を建て直すとのことだった。

「・・・ああ、びっくりした」

神社のような、「ずっとある」と思っているものが
こつ然と姿を消す・・・そういうことがある、あり得るということ。

もちろん、神社やこの地元の人にとっては「計画」されていたこと。

でもその計画を知らないと、本当に「こつ然と消えた」としか思えない。

「ある ものが ない」は、あり得る。

そしてその時の自分の気持ち。・・・ショックと寂しさ。


建て直すと知り、ホッとした。ほんとに、ホッとした。

どんなふうに新しくなっていくか・・・。

きっと今日も、再建計画は一歩一歩進行しているはず。

その日が待ち遠しい。
[PR]