「ほっ」と。キャンペーン
数日前のこと。
歯磨きをしながら、中学時代のことを思い出していた。
ふと、別の中学の女の子と文通をしていたことを思い出した。
剣道部で、郡部の大会などで会い、仲良くなって文通していた。
同じ高校で剣道ができると楽しみにしていたのだが
最終的に友達は進路を別の高校に変え、お互いにそれぞれの道に進んだ。

そんなことを思い出し、歯磨き終了とともに、頭は切り替わっていたのだが
今日、なんとその子からfacebookの友達リクエストが届いた。
「もしかして青豆さんですか?」
あまりのことに、実家に向かう電車の中で思わす叫ぶところだった。
体にはぞわぞわっと鳥肌が立った!

そして、確信した。
「自分の受信・発信力は確かに上がっている」と。
[PR]
by bluebean | 2013-01-02 23:59 | 直感
シンポジウムで知り合った方と
直感について少しの時間話をしたのですが
その時に、直感が働く時の例として、
本屋さんでパッと目に入る本を読んでみる、ということをお話ししました。

例えば
本屋さんで、ふと一冊の本に目が止まる。タイトルが目に飛び込んでくる。
その本を読んでみると、その中の数行かもしれないけれど
そこに、今自分が必要とする、「これだ!」と思う言葉があったりする。
直感はそうやって、自分に必要なものをも教えてくれるんです。

と、言ったものの
実は、私にはこの経験がなかった。

逆は山ほどある。
ぱっと目に入った本があっても、
手に取って表紙のデザインが、紙が、写真が、文字の配列がイマイチだとか
値段が高いとか、著者を知らないとか、、、
なんやかんやとケチをつけて棚に返し
華々しく宣伝されている「話題の本」を買ってしまう。
そういう時に限ってミーハーがニョキッと顔を出すのだ。

そして、家に帰ってあっという間に読み終えて、がっくりする。
簡単な編集だったり、二番煎じもいいところ、出涸らしのお茶のような内容だったり。
「話題の本を知った」以外に何も残らない時は、「愚か者〜」と棚に返したことを悔やむ。

失敗だけでなく、成功事例を!ということで
ちょっと調べたいことがあって本屋に立ち寄った時
「今自分が知りたいことを知るための一冊を買う」と決めて、そのジャンルの棚の前に立った。
すると、ポンポンポンと、いくつか目に入ってくる本があり、
一番最初に目に入った本を買うことにした。

本を手にした時、表紙はともかく、
本文の行間は、もう少しゆったりした感じが実は好みだった。
いつもならそこで100%棚に戻すところなのだが、今回は「それは無し」と言い聞かせ、
直感を信じて買って帰った。

読み始めると・・・本当に買ってよかった!という内容で
ページを繰るのが惜しまれるくらい面白い。そここにヒントがひしめいている。
読みながら、私は自分が想像していたよりも、もっと本気で突き詰めたいのかも、と思った。
本が、私の好奇心を引き出すような感じなのだ。

仕事の合間のリフレッシュに、
布団に横になった時の至福のひととき、自分へのご褒美に
じっくりじっくり、ワクワクしながら読んでいる。

ある意味で、本屋さんは情報が山とあることの象徴的な場所だと思う。
その山とある本を、一点一点、調べて買うわけにはいかない。

直感は、膨大な情報の中から今必要なものをピックアップして伝えている

今、身を持ってそれを実感している。
[PR]
by bluebean | 2012-09-19 01:29 | 直感
先日のワークショップの時
思い出に残る先生の話をするグループトークがあった。

私もグループトークに混ぜてもらい
一緒に話をすることになったのだがその時に実は迷った。

結果的には短大時代に和歌を教えて頂いた先生のことを話したのだが
高校の英語の先生のことがちらーっと頭をよぎっていた。

今も昔も英語コンプレックス。
というか高校時代は本当に「あの優等生のReikoさんはどこへ?」というくらい
授業をはじき返す“ナマビ・プルーフ”な頭になってしまい
国語以外満足に成績がとれなくなってしまった。
(国語だって、フィーリングでなんとかこなしていた感じ・・・)

そんなビリッコな私が、英語の授業で一時期頑張ったんです。
京大出の男の先生だったんですが、なんとなく他の先生と違って面白くて
(ってみんなユニークな独特な先生方でしたが)
勝手に親近感を抱いて、テストの時は、表面は歯抜けもいいところなんですけれども
裏面に、めちゃくちゃ英語で、自己PRの英作文☆
今思うと、よくやったな〜と思うのですが、なんとか印象づけたいと頑張りました〜!
京大のアメフト部ギャングスターズを応援していたのもあるんですけどね。

ある意味で、先生に憧れる生徒のラブレター?だったかな〜(^^)
しかし、そういうテストに限って、返すのが・・・担任だったりするのですよ。
わざわざその面を見せながら返すんです、もう! 
しかも、「ひひひ、いけないな〜こんなことして」って顔で。。。
「くっそー!」
フガフガ!頭から湯気上げながら、大股で席にもどったのは言うまでもありません。

そんなことを「一瞬」で全部思い出しまして、ちょっと恥ずかしくもあり
短大時代の先生の話をしたのでした。
(しかし、本当に「一瞬」で全部思い出すんだから、すごいですね・・・人間って。)

それが、今日。
facebookで、私がコメントした写真になんとなんと
その先生がコメントしてたんです!!!!!
まじめにひっくり返りました。息子が向かいでびっくりしてました。

…予知だったのか? 引き寄せたのか?・・・しかし、面白い!なんて面白いんだろう!

さっそくリクエストさせてもらいました(^^)
[PR]
by bluebean | 2012-09-15 21:31 | 直感