上野で用事の後、東京国立博物館へ。

ここは、私のお気に入りの場所。
今、ここで特別展「飛騨の円空」をやっている。
ずっと行きたかったが、ドアtoドアで確実に1時間以内の
近い場所に住んでいても、これがなかなか行けない。
ようやく今日、上野での用事が終わったのが16時だったので
ダッシュで上野の山を登った。

上野公園の雰囲気も好きだが、道路を渡った向こうにある
東京国立博物館の空間は、広がりと落ち着きと伸びやかさに
ほっとするのと同時に背筋が伸びる。
私の好きな私に戻れる、そういう場所。

円空展は、林の中にいるような錯覚がしていた。
気持ちは飛騨に帰っていたのかな。
私は、久々野では円空仏を見たことがない。
向こうにいる時は、円空仏の存在は知っていたと思うが
あまり興味がなかった。

久しぶりの博物館で
子どもみたいな気持ちで
円空仏の一体一体を見て回った。
彫刻が、造形が…そういうことはよくわからないけれど
何だかみんなに見守られているような気持ちがして
一対一になると目の前が明るくなる感じがした。

一本の木立から、木立のまんまに出てくる仏様の姿。
まんま木であり、まんま年輪であり
そこに仏様の姿が出てくる…
不思議だっただろうなあ。

なんとなく場内に木の香りを感じた。
ずっとここにいていいと言われたら
「いる!」というだろう、居心地の良さ。

仏像は、仏様というより私には「おじちゃん、おばちゃん」の
睦さがあって、中でも私の目が釘づけになったのが「狛犬」。
「こまちゃん」
知らずそう呼んでいた。
そんなことが愉快で
何度もこまちゃんの前に行った。

祭りを思い出した。
田舎の春の祭り。獅子舞の足の動き。カクンという獅子の歯の音。
笛の音。みんなの笑い声。こまちゃんの体にほられた模様は
獅子舞の獅子の模様。

「居るぞ」「居るよ」

飛騨は今はどっさりと雪に包まれているだろう。
飛騨から来た円空さんの仏様。そしてこまちゃん!
無言の声に包まれて上野の山を下りてきた。

c0050708_22263829.jpg
















***
blog
Reiko.S「自分らしく生きる」
目覚めの直感
work
アクセスハートプロジェクト
アクセスハートプロジェクトfacebookページ
favorite
あかね雲
***
[PR]
親戚の兄ちゃんから郵便が届いた。

中に入っていたのは・・・マンモスの牙のキーホルダー。

兄貴の大切なものだという。

どんな顔してこれを封筒に入れたのか・・・(^^)

先日うちに来た時、嬉しそうにマンモスの話をしていた。

キーホルダーをストラップに作り替えたといって

自慢げに見せてくれたそれもマンモスの牙。

兄ちゃん、マンモスへの
よーーーーーーーーーーわかったよ!

ありがとな。

このマンモスの牙を見ていると・・・

あつーーーい!


Yahoo!メルマガ メルマガ登録はこちら!



☆人生には 熱さ が必要です ☆
人気blogランキングへ
[PR]
臥龍桜、枝がほんのりと色づいてきたようです。
この週末には、満開になるでしょう。

飛騨一之宮・臥龍桜の「本日の様子」

こーーーーーーーーーーーーーーんな 大きな桜の木が隣りの村にありながら
絵本を書くまでその存在はゼロでした。
高校生の時など、毎朝毎夕、この木の前を電車で通っていたにも関わらず・・・。

それが、縁あって、絵本を書くことができました。

毎年、春になると、「いつ咲くかなあ」と気になります。
でも、さっき「本日の様子」をみたとき、
枝が、ほんのりあかくなっているのをみたとき、
「あー、がんばってきたんやなあ。ごくろうさま」
と、思ったんです。

やってきたから、咲く。咲ける。

千年以上生きてきたといわれる臥龍桜。
今年は、何回目の「春」なんだろう・・・。

人気blogランキングへ
[PR]
c0050708_1671777.jpg


冬の臥龍桜。
こちらもすっかり葉を落としている。
この姿で、氷点の空の下、生きている。
そして、春には、きれいな花を咲かせるんだよなあ。

ベランダのバラの枝。
すっかり葉を落としているが
ぷちぷちと、赤い芽がついている。
昨年冬、もう枯死しそうだったのが
息を吹き返し
あらたに2本の元気な枝を左右に伸ばし
その間で、
それこそ臥龍桜のように弧を描いた
古い枝がある。
3つの長い枝。
今年は花を咲かせるだろうか。


人気blogランキングへ
[PR]
c0050708_20105431.jpg


母からつけものが届きました。
赤かぶ、です(^^) うまいんだな〜これが。

人気blogランキングへ
[PR]