遥音くんのおかげで
「河童ちゃんは熱いのが嫌い」は復活しました!
遥音、ありがとう! すんごく嬉しかったです!

これからもこのブログ同様
「河童ちゃんは熱いのが嫌い」もよろしくお願いします(^^)/

お気に入りなどにいれてくださっているみなさま
新しいアクセス先は以下の通りです。
お手数ですが変更をお願いします。

http://daisy1970.blogtribe.org/

よろしくお願いします(^^)
[PR]
今日、私のもう一つのブログ
「河童ちゃんは熱いのが嫌い」を更新しようとしたら
Not Foud になってて、びっくりしました。
サーバーの移動があった模様。

今問い合わせしています・・・どきどき。

楽しみに読んでくださっている皆さん、ごめんなさい。
更新がとびとびで、こうなっていることに今日気づいた次第です。

よろしくお願いします。
[PR]
先日お知らせしたNHKの番組は
JRにて大きな事故があり、延期になりました。
放映日、時間が決定しましたらお知らせします。
よろしくお願いします。

とりいそぎ、ご連絡いたします。
[PR]
by bluebean | 2005-04-25 11:35
昨日は、子ども達と代々木公園で行われていた

アースデーイベントに行ってきました。

それぞれの「地球を思う気持ち」がそこにありました。

人混みの中、ブースを眺めて歩くのは楽しかったです。

地球っていうと「手作り」なのかな? 

環境っていうと「手作り」なのかな?

手で作ったものが、とっても多いですね。

綿製品も多いし、楽器も面白いものがいろいろありました。

子どもたちは、小さいのでスルリスルリと人混みをぬけて

打楽器のおいてあるブースごとにとまっては

テントトテントトと叩いていました。

叩かれた空気がプクっとふくれたようなあの音には

心が目覚める何かがあります。ふふふっと笑ってしまいます。

お目当てだった、「ツバル」のブースも辿り着くことができ

「ツバル」の写真を撮り続けている遠藤秀一さんに挨拶することができました。

そしてそこでツバルの手作りのアクセサリーなどを販売していた

ロロシトアの彩さん&ファミリーに会うことができました。

会うと舞い上がってしまって、いつもお世話になっている

お礼もそこそこにニコニコして帰ってきちゃった……ごめんね。

買ってきたアクセサリーは、今、リビングの壁に掛けて眺めています。

遠藤さん、ロロシトアさん、ありがとうございました〜(^^)/

そして、偶然そこで会えた「ヒーリング仲間」のみなさん、びっくりしたよ!

ゆっくり話も出来なくてごめんなさい。また会いましょうね〜!

帰りの電車は、こっくりこっくり夢の中〜zzzでした。
[PR]
by bluebean | 2005-04-25 09:36
前回、お知らせをさせていただいたドキュメント。
来週の25日(月曜日)、11時20分ですので、
ぜひぜひご覧になってくださいね!
(15分くらいとのことです)

そして、Aomameは、昨晩
彼らを指導している先生の「行ってみる?」で
息子とともにその店へ連れていっていただきました。
(息子もあいアイの創造教室に通わせていただいてます)

それは新橋にありました。(JR新橋駅から2〜3分ぐらいですね)
ちょっと向こうのビルの上に
「静岡新聞 静岡放送」のドデカイ看板が見えました。
ブランドのドンキーとか、リクルートのビル(と記憶している)
そちらのほうに歩いてください。(新橋から有楽町方面に歩くということかな)
ガードしたに、オシャレなお店が4軒ほど並んでいます。
その中の1軒「胡同文華」というお店です。
「ふーとんまんだりん」と読みます。

びっくりしました! ほんとに、ほんとに、絵が、ある!!!!!
びっくりしたというのは、へんな表現かもしれないけど
うわ〜〜〜! 夢じゃないんだ、ほんとなんだ、ほんとにほんとなんだ!

『壁に絵あり、メニューに絵あり』

はあ…すごいよ。

彼らの絵に囲まれて(って、そんなにうじゃうじゃあるわけじゃないけど)
食べた「臭豆腐」は、臭くてとっても美味しかった!
息子は、最後の最後の最後まで、「くさい〜〜〜」と鼻をつまんでいたけど
きっと大人になったら、好きになるだろうwa-haha。

彼は臭豆腐に先制パンチをくらい
絵よりもガラス越しに見える厨房が気になり
五目焼そばがくれば、カリフラワーを完全によけて食べ
果ては「くたびれた〜、ねたい〜」とクーズリーモードがONになってしまったけど

いつか

この晩、彼のそばに、あいアイの「兄貴や姉御」の絵があったことを
真に受け止める日がくるだろう。見つめる日がくるだろう。


彼らの絵は、澄んでいます。
彼らの絵は、こちらを激しく見つめるような絵ではありません。
「いいたいことありげ」ではありません。
どちらかというと、絵が「ちょっとはずかしそう」にしているように
私は感じます。はにかむ、というのかな。
私には、そう「はにかんでいる」ように見えます。

はにかむといえば、蜜ロウキャンドルの取材にいって
「ハニカム」構造というのを知りました。
ミツバチの巣は両面から成っている
小さな六角形の集合体。
表の六角形と裏の六画形が
完全に重なっているのではなく、
片方の六画の頂点が、反対面の六画の中心にくるようになってると知り
実際に見て、そうなっていて、おどろきました!(@@)
それでとても丈夫なんだそうです。

ミツバチがつくるんですよ!
博士やベテラン職人が作っているんじゃないんです。
ちーさい、ちーさい、ミツバチです。
日本語じゃ話せないし、英語でも通じないでしょう、
ただ「ぶーん」と飛んでいるようにしか
私たちにはみえないあのミツバチさんが
そういうすごいものを作るんです。
そういう仕組みが与えられているんです。
与えられた才能(能力?)で、死ぬまで生きます。

「宇宙からの信号をキャッチしているんでしょうか、、、だって・・・」

そう、「だって、ミツバチですよ!」



だってミツバチですよ、と思うのはこちら側であって
ミツバチさんは、ミツバチとして、ただただやっていらっしゃる。

あいアイの兄貴や姉御も、ただただたんたんと絵を描いていらっしゃいます。
ミツバチさんより、その才能を「持っていること」や「活かす、活かされる」
ということが、たんたんとはいかないことが多いんですけど

先生は、怒ったり泣いたり大笑いしたり、静かにささやいたり、大きくはげましたり
家族は、先生に叱られたり、悩んだり、考えたり、嬉しかったり、むかついたり(?)

ミツバチさんのようにたんたんとはいかないんですけど

「繊細で丈夫な絵」を、描いています。


はにかむから、ハニカム構造にジャンプしましたが

ぜひ、彼らの絵のある空間で、美味しい時間をお過ごしください。



☆「胡同文華 フートンマンダリン」
中央区銀座8-3先 TKD西土橋ビル TEL/03-5537-2110

25日の番組や、お店で絵を見てのご感想など、ぜひお寄せ下さい(^^)/
 このブログにコメントいただければ、あいアイの粟田先生へ
 転送します。よろしくお願います。












 
[PR]
by bluebean | 2005-04-21 10:37
【TV】ドキュメント「画家としての旅立ち」 NHK総合

4月25日月曜日、お昼近く11時20分から
NHK総合で、「画家としての旅立ち」のドキュメントが放映されます。

これは、年齢・性別・国籍・障害の有無を問わず創造活動をする
小さなアーティスト集団「NPO法人あいアイ」の会員で、
知的障害を持っている4人の若者が、この4月より画家として企業に
「一般就労」し新しい道を踏み始めた、そのドキュメントです。

「一般就労」とカッコ書きにしたことには意味があります。
知的障害者が働く、そこには2つの道があるからです。
1つは「福祉就労」という道です。
これは作業所というところで、国からの援助を受け、家族は負担金を支払
いながら、その上で働きます。労働に対する報酬は低額です。
もう1つの道である「一般就労」は、障害のない人と同じ「就職」です。
普通に働き、普通に給料を受け取ります。社会保険にも自分の名前で加入
します。
こちらがとてもとても狭い道であることは、
おわかりになっていただけると思います。

彼らの長年の創造活動の成果が認められて
「慈善じゃないよ、彼らの絵が好きだから」という経営者によって
「一般就労」の道を歩くチャンスが訪れました。

このチャンス。掴むか掴まないか、それは一人ひとりの選択です。
選択する自由が、一人ひとりにあります。
そして、この春。
4人の若者が、その道に足を踏み出すことを選択し、
実際に足を踏み出しました。
その一歩が大きな大きな一歩であること。
そのことを心に留めていただいて
このドキュメントを見ていただけたらと思います。

「この4人の作品は、ビジネスとしての価値観を生みだすでしょうか。
 ジャッジは視聴者の皆様です。お手紙ください」
               〜「あいアイニュース25」より引用〜

ぜひ番組をご覧ください。
そして一言でも二言でも感じられたことをフィードバック
していただけますように。

それから、ぜひご家族ご友人、お仲間にも
お知らせいただけましたら、幸いです。

よろしくお願いします。


〒338-0823 埼玉県さいたま市桜区栄和1ー1ー12
「NPO法人 あいアイ」 代表 粟田千恵子 様
メールはこちらです → aiai-art@f4.dion.ne.jp
[PR]
サッカーをする子どもたちを応援する。
親は普段では出さないような大きな声で
子どもに声をかける。

「今日は黙って見ていよう」と思っているのに
いつのまにか一番大声で応援してしまう。
その声はビデオに残り
いつまでも残り・・・(真っ赤)。

「あきらめるな!!!!」
「自分でい、く、ん、だ、ろ!」
「集中しろぉおおおおおお」
「ボールをつなげ〜」

ナイスプレーには「ヤッホー!いいぞいいぞ!」
形勢不利なときは、プレーのよいところを伝える「今のいいよ!その調子!」

一緒になって勝利を喜び、一緒になって負けを悔しがる。

どんなにクールを装っても、真っ赤になって必死にボールを追い掛ける姿を見たら
そんな「装い」なんて、あっけないもの。
本気の姿には、ポーズなんてかなわない。
[PR]
by bluebean | 2005-04-18 09:23
今日(4/14)と明日、岐阜県高山市で、「高山祭」がおこなわれます。
お近くの方、一度お出掛け下さいませ〜。

…と宣伝する私も、近隣の町に生まれ育ちながら、
祭りをライブで楽しんだ記憶がありません。
夜、親戚におよばれに行った記憶はあるのですが、、、。

子どもの頃は、祭り=人が多い、ということで行けなかったような。
(まいごの名人?)
学生時代は、ちょうど祭りと試験が重なっていた記憶があります。
うららかな春の陽気、祭りの気配を感じながら
気持ちはテストで憂鬱だった「私」を思い出しています(~~;)

もう今はテストもありませんから(笑)
心穏やかに祭りを楽しむこともできるのですが。
今年もニュースで「高山祭り」です(^^)
[PR]
by bluebean | 2005-04-14 09:24
理想として思い描くビジョンは同じだとしても
それぞれの立場によって
それをどう実現していくか
何から実現していくか
そこに向う地図の描き方は違います。

自分の描くルートが正しいと思ってしまうと
理想として描く「目的地」は同じでも
他の人の地図や道程に対して
肯定的に関心を持ったり、認めたりすることが少なくなるような気がするんです。
反対に、自分と比較してどうだとか、
あげくのはてには「そんなルートじゃだめだよ!」みたいな
人のルートを否定するようなことにまでなってしまう。
あるいは、人の道の方がいいんじゃないか…と
自分の持っている地図を大事にしなくなる。

実現したい理想が同じだとしたら
立場によってルートやその条件は違うけれど
時に顔を会わせ、それぞれの話に耳を傾け、
経験から得た知恵に学びあいながら
互いの「前進 達成」の喜びを分かち合い、知恵を貸しあいながら
「では、また!」と
それぞれのルートに戻る。

そういうことが、できる自分になりたいです。
[PR]
by bluebean | 2005-04-14 09:10
4日ぶりに晴れた朝を迎えました。
窓の向こうには青空が広がっています。
その向こうが宇宙だと思うと
一方的に見ていると思っている青空が
同時にあちらも、窓越しに見ている「私」を見ている……
そんな感じがして
心の背骨がピンと伸びます。
[PR]
by bluebean | 2005-04-14 08:43