今日から「タマラ」創始者の加藤憲子さんと
NPO法人タマラアソシエーションのメンバーたちが
オーストラリア・シドニーで開催中のイベントに出展しています。

★MindBodySpirit Festival in sydney
 【Date】  19th May~22th May 10:00am -7:00pm
 【location】 Sydney Exhibition Centre, Darling Harbour
 【Fee】  At Show: $18 adults $15 concessions、Kids: FREE
 http://www.mbsfestival.com.au/index.htm


現地と日本はちょうど1時間の時差です。
開始から1時間40分ほどたったところ。
どのような出会いが、ドラマが展開しているでしょうか(^^)

ブースナンバーは、F61 です。
シドニーにお住いの方、お友達、お知り合いがシドニーにいらっしゃる方、
ご紹介いただけたら幸いです。

毎回、海外でのイベントでは、
「タマラ、いいよ!」と、来てくださった方が声を掛けてくださったり、
列がまた人を呼んで、、、ブースはどんどん賑やかになっていきます。

出展されている方々も、日本からきた新しいエネルギーワークということで
興味津々で来てくださいます。

シドニーのたくさんの方々にブースに来て、
それぞれの「生きる力」になるタマラと出会っていただきたいです!
[PR]
先日、会津若松のAさんからのお誘いで
八重洲で待ち合わせをしてランチミーティングとなった。

この頃無性に食べたかった「ベトナム料理」。
フォーが特に食べたくて、八重洲近辺のベトナム料理屋さんを見つけ、
Aさんに尋ねると、食べたことないけどいいですよ!とのことで
希望叶い(^^) おいしくランチセットをいただく。

もっぱら話すのはAさんで、私は食べながら聞きながらなのでよいのだが
Aさんのフォーが、どんどん汁なしになっていく・・・
それが気になりながらも、やっぱり私は聞き役(^^;)

いろんな話をしたが、私はAさんが、やっぱり試行錯誤しながらも
家族が大事で、その思いで、いろんな情報の中から、ちゃんと必要な情報を受け取って
何かをしたり、人と会ったり、動いてきた結果の「今」なんだな、と思った。

「いっぱい失敗もしてますよー」と、笑うAさん。
それもちゃんと活かしてこられたんだと思う。
大事にしてこられたんだと、思う。

Aさんが「タマラのことを聞かせて」と私を誘ってくださった理由が
このランチでの話でよーくわかった。

Aさんは、これからの自分の人生を見ている。
やりたいこと、やって生きていきたい事を、思い描いている。

そういうAさんだから、
人の生きていく力になる サポートのエネルギー であるタマラのことを知り
「もっと知りたい、話を聞かせてもらえませんか」と、連絡をくださったんだ。

そして、私はAさんの話を聞かせてもらいながら、タマラのこと、自分の経験を話した。
まさに「シェアした」という実感がある、とっても楽しい時間だった!

「素直になればいいんだよ」

江戸は八丁堀の旦那から言われた言葉が、
日に日に自分の中で「実」になってきている。
[PR]
昨日は、月一のタマラエナジー体験交流会の日でした。

体験交流会を通して、私が一番実感していることは
常に常に、物事は変化していくということです。

自分にとって好ましい変化もあれば、頭を悩ます、心を悩ます、変化もある。

でも

変化するから、考えるんだ。

良い時、波に乗っているとき、「このままキープ!!!!!」という願いがある。
祈りに近い時もある。

が、変わる。

それは、一人で生きていないから。

どうしたって、一人で生きていない。

地球もまわり続けて、朝が来れば昼になって夜になるし、
春になって夏になって秋になって冬になるし、
自分だけじゃないし、自分ちだけじゃないし、
自分の地域だけじゃないし、自分の国だけじゃないし。

ライターの仕事も、そう。

自分だけでは完結している原稿も、
人に見せれば、その人数だけの意見も出てくる。
変えなければいけない表現も出てくる、
根本的に見直さなければならないときもある。

いやだ、と思う。

「いやだ」の一言に、どれほどの感情、思惑が入っているか。
(中身は解説しません)

いやだ、いやだと、釣り上げられた、釣り船の上の魚のようにのた打ち回る。

が、それにも疲れ、どれと読み返す。「なるほどなあ」と、再び原稿に向かう。

ああでもない、こうでもない、こうだ、ああだとやっているうちに
いつのまにか、爽快に書いている。


体験交流会を通して、月一回、定期的に顔を合わせると、
誰もが変化の波の中にいることを、実感する。

そして、変化の中で、
考えて、自分で選択して、それぞれに生きている。

いやだ、できない、で止まっていない。
惰性になっていない。

だから、また会いたくなる。
[PR]
毎月第4木曜日に行っている「東京タマラエナジー体験交流会」
今月は今日、土曜日に開催します。


【東京タマラエナジー体験交流会】

会場 葛飾シンフォニーヒルズ 別館1階「ひびき」(和室)
時間 午後1時半〜4時半ごろまで
会費 1,000円 ※アクティベーションを受けられていない初参加の方は無料です。



タマラのエネルギーは生きる力になるエネルギーです。

エネルギーの流れに委ねたときの心地よさ、安心感、
自分の中から「ワクワク」した気持ちがわき上がってくる…そうした感覚を
ぜひ体験、実感していただきたいと思います。

すぐにわかる人、わからない人、いるかもしれません。
私自身も委ねることが身につくまで少し時間がかかりました。
感覚がわからなくて、悔し泣きしたこともあります。

だからこそ、はじめて「ああ、これだ!」と思った日のことは
いつまでも鮮明に覚えています(^^)

感覚なので、これはそれぞれに掴んでいくものです。

ぜひ、この会を活用して、委ねる感覚を掴んでください。
この会でいろいろ試してみてください。

掴んめたとき、きっとどなたも いい顔 になっていると思います!

多くの方のお越しをお待ちしています。

※参加の方で、私の連絡先などご存知の方は、
 ケイタイメールにご一報いただけると嬉しいです。
[PR]
3回目のボランティア活動。
9日、ビックパレットふくしまに行ってきました。

京都からインストラクターのIさん、山梨からOさん、
そして地元郡山でいつも力になってくれるYさんとKさん、
それぞれに現地に集合し、
手分けして館内を回りながら声を掛けヒーリングマッサージをし
希望される方にはギフトでアクティベーションを行いました。

これまでは富岡町役場の職員の方に許可を得て活動していたが
今回行ってみると、ボランティア活動をする人の窓口が設けられ、
専門スタッフが登録やボランティア保険のことなど、手際よく説明してくれた。
ゴールデンウイーク、ボランティア希望者が多数活動したと報道があったが
そうした人たちをどう受け入れるか、対応策が練られたのだろう。

私たちは、ヒーリングマッサージ、
リラクゼーションの提供ということで来ているが、
現地に行って、スタッフと相談して、その場で今必要な活動をするというのが
もしかしたら主なのかもしれないと、説明を受けながら思った。

受付をしていると、スタッフの方が私たちを一般のボランティアと思い
仕事を回そうとした。避難されている人たちに配布するニュースだった。
他のスタッフの人が私たちがヒーリングマッサージをするんだと話すと
そうか…どうするかなあと、チラシのことを思案している感じだったので
「配りましょうか?」と申し出た。

館内を歩いて回りながら声を掛けながら回る私たち。
チラシの配布をすることで、より細かくお一人お一人と接することもできる。
「私たちにとってもありがたいです」と伝えると、
「なるほど! いいですね」となったが
あいにく主たる担当者の方がつかまらず、配布がダブルといけないとのことで
仕事にはならなかった。
でも、「こういうこともいいな!」と思い、
ボランティア担当のスタッフの方々ともつながりを作って、
自分たちの活動とお互い様となるところで手伝いたいと思った。

前回と比べても、日中館内に居る方々の数は減っている。
スペースから見ても、通路などに居る人の数もぐっと減って来ている。
これまでお会いした方々も、場所を移られたか、アパートなどへ移られたか
元居た場所に姿がない方が増えて来た。

地震、津波、原発…ということがあっての出会い。
一回、二回と顔を合わせ、肩をもみ、背中をさすって、いろいろ話をし、
顔見知りになったみなさんが一人、またひとりといなくなるのは、
私の勝手な思いだけど、さみしくもある。面影が浮かぶから。
がらんとしてきたスペースを見ながら、これが動き始めた証なんだと思い歩いた。

できることをまた一歩次へと繋げるために
役場の方に相談し、手がかりを得る事もできた。

前回会えず、メッセージを託して帰って来た役場の方とも、
外通路ですれ違いざま、首から下げたネームホルダーで名前を確認。
声をかけさせてもらうとその方で…この時はちょっと自分でも感動だった。
忙しい中を時間を割いて話をしてくださり、地方行政という仕事の重み、責任、
国と住民との間に立っている方々の思いを聞かせていただいた。

ビックパレットの建物の横には、広いスペースがある。
仮設住宅が建つと話にきいていたが、前回はまだ何の動きもなかった。
それが、今回は、建設が急ピッチで進められていた。

郡山に新しい風景が生まれつつある。
[PR]
タマラアソシエーションの仲間と郡山市内の避難所を訪ねます。
[PR]
by bluebean | 2011-05-09 05:41
例えば
面白そうだ、それやってみたかった!、なんだかワクワクする!
と、思うことをみつけた。

でも
そこにリーダーらしき人がいる。ひっぱっていってくれそうな人がいる。

すると
いつのまにか 待ち受けモード に変わってしまう。
やってみたかった気持ちを その人についていく に、
いつのまにかすり替えてしまう。

そのほうが事の進みが早いし。その人にはとても叶わないし。
間違いないし。失礼にならないし。「感じ」いいし。
などなど、なんだかんだと理由をたてるが
「やりたい!」という自分の思いに対しては、まったく答えになっていない。

ついていく、と決めたのならいい。
ついていきながら、思う事、感じる事、考えた事は、
きっと自由に発信するだろう。

でも、無意識にそうしている、そうなってしまうのは
楽を知り、楽を覚え、楽に流れる癖がついてしまったんだと思う。

やると選択したのだから、
そこに足跡残すくらいの、いい匂いを残すくらいの心意気!
そして、自分の立場を見極めて、行動する。

これはもう 筋トレ しかない! と思った私です。
ボサーッとしてたら、ぷよぷよになっちゃう。
[PR]
五月五日、勝手に「GO!GO!の日」とネーミング。

がしかし、仕事に向かう電車。
特急に乗って、10分前には到着しているはずが
乗り換え電車が15分も来ないことが駅についてわかった。
・・・おかしい。ちゃんと調べたのに、、、。

お詫びのメールをいれようとするが
機種変更したケイタイのタッチパネルに指がなれない。
ようやっと送信した時は、はじめてから10分経っていた。
・・・もどかしい。直感的に操作できるらしいが、、、。

仕事が終わり、「実は…」と近況を話した。

計画性をもって、事を進めたい。
そう思って、計画をたてようと時間を取ろうとするが
その時間が他のことでどんどん埋め立てられていく。
そんなこんなで数日も過ぎると、焦りが出始める。これがものすごく居心地悪い。
・・・何かおかしい。

そんなことを話していると、何か違っているんじゃないとのアドバイス。
どんなふうに計画を立てようとしているかを話し始めるが、脳内がブランク。
あれ? 計画がない。
っていうより、なんのための計画なのかが、ない。
柱が立たないんじゃない。設計図がないんじゃない。完成図がないんだ!

いや、ないんじゃない。完成図がどっかへ行っちゃってる。

そこに絶妙なタイミングで質問が飛んで来て、完成図が見つかった。
「このために、何をどうするか、
 どのようにやるかを考え、計画を立てたかったんだ」

誘導瞑想で見た「革靴」。
そう、今は私はしっかりとした足下、土台を固めたい。

自分はどんなことが得意か、自分は何を磨きたいのか。
それを使って、今までしてこなかった新しいことをすることが
これからの足場になる。
考え違いをしていたから、計画を立てられなかったんだ。

ドキドキする。不安もある。正直ビビっています。
不安を解消するのは、何が不安かを知って、考えて、動くこと。
まずは情報がない、知識がない、スキルも無いので
帰りは本屋さんに直行。
必要なものは手に入れたので、次は「DO!」。

完成図は、貼っておこう。

ビビりながらも、完成図に向かって前進あるのみ。
やっぱり今日はGO!GO!の日だな。
[PR]
c0050708_5423830.jpg

近所の公園は、とても瑞々しい緑の園になっています。

夜、夫の両親と久しぶりに食事。
義兄は予定の時間に帰宅できず、
息子は合宿でおらずのこじんまりした会食になったけれど
ちょっと早めの母の日のカーネーションと、
お父さんの大好きなアップルパイ(手作りではない^^;)をプレゼントでき
二人の笑顔を見てホッとして帰宅。

行き帰りの道中、アップルパイを覗き込み、
「おいしそうだなあ」という夫のつぶやきを少なくとも5回は聞いたので、
明日、もし、みかけたら買ってこよう(^^)
[PR]
5月の東京タマラエナジー体験交流会は

5月14日(土) 午後1時30分〜午後5時 
葛飾シンフォニーヒルズ(最寄り駅は、京成本線の青砥駅)
別館1階「ひびき」という和室で行います。

会費は、アクティベーションを受けられている方は1,000円です。
タマラエナジーを初めて体験される方は、無料です。

毎回、前半はタマラ・ヒーリングをしています。
タマラエナジーで、体と心のエネルギーバランスを調整する時間です。
エネルギーを送る方は、そっと手を当てる、
気になるところがあればそこに手を当てる。
エネルギーを受ける方は、送ってもらいたいところをリクエストするもOK。
送ってもらうに任せ、委ねる。

力を抜いて、楽な姿勢で、
存分にエネルギーを送り、受け取ること=委ねることができると
何とも言えない安らぎ、落ち着き、すっきり感が得られます。
送る方が、マッサージを得意とされる方だと、
自然に相手の方のコリをみつけほぐしてくれます(^^) 
お楽しみに。

この時間を過ごして、後半は、お茶を飲みながら皆さんとお話をしています。
体がほぐれ、気持ちもほぐれ、お茶やお菓子を楽しみながらの会話は
最初はノンテーマのようでも、自然にその日のテーマが浮き彫りになってきます。

会話の中で、
ピン!と来たり、目から鱗だったり、あるいはひっかかったりしたことは、
自分にとって必要な、考えるべき、見つめるべきことなのかな、と思います。
そのことについて考え、自分の生活を見直し、行動していくことで
「変化」が生まれるのではと思います。それもまた楽しみです!

のんびり、ゆったり、和気あいあいとやっています(^^)
風薫る5月の葛飾へぜひお出掛けください。
[PR]