毎月第4木曜日に開催している「東京タマラエナジー交流会」。
今月も無事に終了いたしました。
来てくださった皆さん、ありがとうございました。

今回は、2名の方が初めて参加くださいました。

その中お一人、Mさんは
インストラクターの伊藤さんが声を掛けてくださった方です。
ヒーリングが大好きなYさんのことを話してくださって
「ぜひ、受けてみて!」と誘ってくださいました。

交流会が楽しみ!と言ってくれる皆さん同士が
お互いの長所、特技、頑張っているところを宣伝してくれて
新しい方が来てくださるのは、本当に嬉しいです。

もう一方、こちらもMさん。
タマラ・加藤憲子さんのブログ「あかね雲」がきっかけで
お子さんと一緒に交流会に来てくださいました。
最初はちょっと母娘ともども緊張されていましたが
タマラ・ヒーリングの輪の中に入って、
一人一人のヒーリングを楽しんでくださいました。

タマラエナジーは、アクティベーションを受けることで
一人ひとり固有のエネルギーととけあいます。
同じ「タマラ・ヒーリング」でも、一人ひとりの個性、人柄が感じられて
それも楽しみの1つです。

前回から参加くださっているNさんは、
「ヒーリングを受けるのが好き」とおっしゃるのですが
ちょっと今回、ヒーリングをする側になってもらったら……
初体験のママMさんも、「わあ!」と笑みがこぼれるほど、
ホットなヒーリングをされました。
そこから、ヒーリングをする側にちょこちょこなってもらったのですが
「ヒーリングはするのもいいけど、されるのがやっぱり好き」
それは変わらないようで☆Nさんらしいなあ!と思いました。

Yさんは、どんどん新しい方と話しをしてくださって
楽しい時間を作ってくださいます。
ご主人の経営される美容室でも、
もしかしたらヒーリング専用席ができるかも☆とのこと。
数年後には、きっと自分のサロンを持っているかもね〜!
子育ても一段落されて、それからまた自分の夢に向かって進むYさんの姿は
私にとっても憧れの姿です。

今回は、東京に来ていた宮城のWさんも途中参加してくださいました!
Yさんが、Mさんに体の「コリ」をみつけほぐす方法を、
私の背中をつかって(^^)説明していると
Wさんが、「どれどれ」と、私の手をマッサージし始めました。
私自身、体調が本調子でない時に、無意識に揉んでいた箇所を
ムギュムギュと揉み始めたWさん。
さすが本業! ずばっとポイントを掴みホグします。

背中でYさんとMさんがコリコリ、右手+右腕はWさんがムギュムギュ、
極楽〜(●^^●)と思っていると
Nさんがどれどれと、私の左手を持ってヒーリングしてくれました。
ほんとにポカポカ! Nさんの「手」そのものが
とても安心感のある、心地よい手なのです!

ピットに入ったレーシングカー状態で、
皆さんにチャージ&チューンナップしてもらった私。
10月も全開で走ります!!!!!

素晴らしいヒーリングチームに感謝です☆

今回は、常連のお二人がご自身や家族の体調不良でお休みでした。
酷暑が終わり、涼しさとともに、夏の疲れが出やすい季節。
皆さんが、二人に向けて遠隔でエネルギーを送ってくれました。

来てくださった皆さん、本当にありがとうございました!
そして
いつも片付けをチャキチャキと促してくれるIさん、ありがとうございます☆
おかげさまで1分前、ギリギリカギを返却でしました〜(ほっ)

次回はみんな揃うといいな! また顔を合わせましょうね。

☆☆☆ 次回は ☆☆☆
10月27日(木)13時半〜17時頃まで
東京タマラエナジー交流会 秋の特別企画
 「タマラ・加藤憲子さんを囲む会」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆会費は1000円(今回は一律でお願いします)
☆飲み物だけ各自ご持参ください。
☆タマラアクティベーションなど
 タマラさんのエネルギーワークも当日受けていただけます

※今回は、必ずお申し込みをお願いします(定員40名)
 bluebean@g-duplex.bias.ne.jp
[PR]
富山での誘導瞑想が、無事に終了しました。
参加くださった皆さん、ありがとうございました。

笑いあり、涙あり、そしてやっぱり「……(絶句)」あり。(←それは私です…)

それぞれに答えを受けとり、今知るべきことを知り、
必要なものを受けとり、不要となったものを投げ

最後は納得の笑顔で帰って行かれました。


今回も「絶句」の私でしたが、
以前のような「わけもわからず絶句」だったことを考えれば
今回は、「納得の絶句」でした。

この事実を、この理由を、この答えを

活かすも殺すも、私のこれからの日々にかかっている。
[PR]
今、富山へ向かっています。
高岡在住のFさんの情熱と行動力がFさんのまわりの方々を動かし、富山で初めてとなる、タマラさんの『誘導瞑想』が実現します。
誘導瞑想は、ブログにも何度か書きましたが、自分の今を知り、これから先に進めるための確かな手掛かりを自ら掴めた、とても役立つワークショップでした。その時点では、掴んだ答えにポカンとすることもありましたが、しばらくたって、「こういうことか!」と腑に落ち、納得がいきました。自分の中にある(誘導瞑想で予習した)思いや答えを、(日々を通して)確信していった、ともいえ、振り返るだに、深まる、それが私にとっての誘導瞑想です。
明日、初めての場所で初めての皆さんとタマラさんのこのワークショップをシェアさせてもらえるのがとても楽しみです!!
まだ、少しですが席がありますので、今からでも参加したい方はご連絡下さい。
Fさんと共にお待ちしています。
連絡先 reikosato@docomo.ne.jp
[PR]
by bluebean | 2011-09-17 12:28
私がタマラと出会った時、(…当時はこの名称もまだなかった)
ただ、加藤憲子さんと「話したくて」通い、加藤さんのヒーリングを「受けたくて」通っていた。

なぜこんなに自分が足しげく通うのか、そういうことは考えなかった。
こうなりたい、こうしたい、「だから」通う、というような建設的な考えもなかった。

感じる → 思う → 考える → 行動

この流れで言うと、
感じるという…自分の中に何らかの発生、反応する「シグナル」のようなものがあって
「話したいなあ」「受けたいなあ」と思ったはずであるが、
その根拠となる「自分は何を感じているのか」を見てはいなかった。

加藤さんの家までの乗り換えとか、スケジュール調整という「段取り」こそ抜かりなくしたが、
加藤さんの時間を頂戴し、自分の時間やおこずかいといった投資もして、
何を自分は得ようとし、どうなりたくて通っているのか、ということは、みじんも考えず行動していた。

そして10年もの歳月が流れた。

今、ロジカルシンキングに取り組むようになって
考えていない自分、考えの足りない自分を痛感している。

そこを痛感し始めたら
これまで「思い」あって「行動」はしていたが、
その「思い」の以前にある「感情、感覚」について、そのシグナルを果たして素直にキャッチしていたのか。
どんな感情も、どんな感覚も、ねじたり、ふせたり、色をぬったりすることなく、
そのままに「ある」と認めた上での「思い」=言語化していたのかと、疑問がわいてきた。

つまり、一言でいうなら

「どこまで自分の感情と向き合ってきた?」「どこまで自分の頭で考えてきた?」

ということだ。
[PR]
直感を受けとり、自分の意思を確認し、総じて考え、行動する。

直感をとりこぼさずにうけとり、
自分から目を背けることなく、自分の思いを確認し、
考え得るすべてを考え、準備して、
思い描き行動し、結果からさらに学び…
自分の内なる力を全部活かしてやっていくこと。
日々を生きること。

最善を尽くす。

それが、きょうのEnglish Lesson’s Topic でした。
[PR]
おすすめです!

劇団三年物語シーズンⅡ第九回公演
御伽草子
新宿/SPACE107
〜4日まで公演  

平安時代、酒呑童子という鬼が平安京を荒らし、大江山に砦を築き都を脅かした…。
飛鳥・平安時代を駆け抜ける伝奇アクションストーリー ※チラシより抜粋


昨日は、ご縁があって久しぶりにお芝居を観る機会を得ました。
難しいストーリーだと眠ってしまいかねない私ですが(><)
緩急、テンポのよいストーリー展開、そして魅力的なキャストのみなさんに
ぐいぐい引き込まれ、あっという間の二時間ちょっと!

この面白さ、この感動は、観た人にしか…わからない!!!!!!
(といったら、おしまいなんですけれど)

抱腹絶倒、そして目幅の涙。
いろんなことあるけど、人間に生まれて…よかったって
心に 熱い何か を残してくれる作品です。

この週末、お時間がある方はぜひ。

人生に笑いと元気と感動を!
[PR]