「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

上野で用事の後、東京国立博物館へ。

ここは、私のお気に入りの場所。
今、ここで特別展「飛騨の円空」をやっている。
ずっと行きたかったが、ドアtoドアで確実に1時間以内の
近い場所に住んでいても、これがなかなか行けない。
ようやく今日、上野での用事が終わったのが16時だったので
ダッシュで上野の山を登った。

上野公園の雰囲気も好きだが、道路を渡った向こうにある
東京国立博物館の空間は、広がりと落ち着きと伸びやかさに
ほっとするのと同時に背筋が伸びる。
私の好きな私に戻れる、そういう場所。

円空展は、林の中にいるような錯覚がしていた。
気持ちは飛騨に帰っていたのかな。
私は、久々野では円空仏を見たことがない。
向こうにいる時は、円空仏の存在は知っていたと思うが
あまり興味がなかった。

久しぶりの博物館で
子どもみたいな気持ちで
円空仏の一体一体を見て回った。
彫刻が、造形が…そういうことはよくわからないけれど
何だかみんなに見守られているような気持ちがして
一対一になると目の前が明るくなる感じがした。

一本の木立から、木立のまんまに出てくる仏様の姿。
まんま木であり、まんま年輪であり
そこに仏様の姿が出てくる…
不思議だっただろうなあ。

なんとなく場内に木の香りを感じた。
ずっとここにいていいと言われたら
「いる!」というだろう、居心地の良さ。

仏像は、仏様というより私には「おじちゃん、おばちゃん」の
睦さがあって、中でも私の目が釘づけになったのが「狛犬」。
「こまちゃん」
知らずそう呼んでいた。
そんなことが愉快で
何度もこまちゃんの前に行った。

祭りを思い出した。
田舎の春の祭り。獅子舞の足の動き。カクンという獅子の歯の音。
笛の音。みんなの笑い声。こまちゃんの体にほられた模様は
獅子舞の獅子の模様。

「居るぞ」「居るよ」

飛騨は今はどっさりと雪に包まれているだろう。
飛騨から来た円空さんの仏様。そしてこまちゃん!
無言の声に包まれて上野の山を下りてきた。

c0050708_22263829.jpg
















***
blog
Reiko.S「自分らしく生きる」
目覚めの直感
work
アクセスハートプロジェクト
アクセスハートプロジェクトfacebookページ
favorite
あかね雲
***
[PR]
ここ数日のモヤモヤから
はっきりしたことがひとつある。

たとえ、同じ結論に到達したとしても
一人ひとりにとっての
「結論の意味合い」は違う。

なぜならば、
結論を導き出す道筋が、一人ひとり違うから。

何があったのか。
誰と出会ったのか。
何を感知したのか。
何を考えたのか。
何を行動したのか。

結論に至った経験やそこで感じたことや
考えたこと、何を見て、何を聞いて、何に触れて
どんな気持ちを味わい、そのような思考を経て
どんな行動をしたのか。そして、今・・・。

一人ひとり違う
その道筋が知りたい。
道筋に「その人」が見えるから。
最初と最後の間を、どう存在し続けたくて存在したのか。
それが見えるから。

視点を180度変えれば、「で、自分はどうなんだ?」ということだ。
「どう存在したいのか?」「どう存在しているのか」

タマラ・加藤憲子さんのブログ「あかね雲」
「自分から」(2013年1月28日)を何度も読み返している。

自分の考えうる最善の行動を続けて
最後は、正面・真面(まとも)な「結論」を出したい。



***
blog
Reiko.S「自分らしく生きる」
目覚めの直感
work
アクセスハートプロジェクト
アクセスハートプロジェクトfacebookページ
favorite
あかね雲
***
[PR]
息子が学生服に瞬間接着剤をつけてきた。
かなり前になる。
クリーニングに出せばとれるだろうと出したが
少しもきれいにならず戻って来た。

クリーニング屋魂があったら
こんな目立つでかい汚れが取れないことって
屈辱じゃないのかな?と思ったが
近所のお店で取り次ぎしているチェーン店だから
仕方がない、と私も思って
気になるがそのままにしてしまった。

その後やっぱり気になったがクリーニングに出しても仕方がないと
目立たないようにマジックで黒く塗った。
(…今思うと恥ずかしい…)
でも、そんなものは一時しのぎにしかならない。
しばらくすると、また目につくようになった。

直に卒業だ。そのまま行ってしまえ。
と、思ったが「受験」という山があり、
先生から「その汚れが気になるわね」と言われたと帰って来た。

こうしてはおれない。

山まで時間がない。
ネットで調べたが、瞬間接着剤については「諦めなさい」的な記事が多く
レンタルとも思ったが、そんなものもなく、
諦めきれず「染み抜き」で調べたら、八王子のクリーニング屋さんが
瞬間接着剤の汚れも落としますと書いていた。

ここだ!

これまでのケースとして学生服についた瞬間接着剤の例が載っていた。

ここなら大丈夫だ!

電話して、事情を話し、期限があることも伝えた。
親切に説明してくださって、早速クロネコさんで送った。

届い時にもメールが届き、電話もかかってきた。
大丈夫だと思います、という言葉にほーっとした。
こちらの都合なので、ギリギリの納期でお願いしたら
少しでも早い方が安心できるからと、1日早めて送るとの連絡もくださった。

なんて親切なんだろう。
それがメールの文面にもにじみ出ていた。

そして、今日、学生服が帰って来た。
箱を開けると…もう、買った時みたいにすっかりキレイになっていた。
瞬間接着剤のついていたところは、少しも生地が傷んでなかった。
他もまるで一皮むけたようにすっきりして、
学生服が喜んでいる、そんな感じがして

本当に感動した。

ありがとうございます!うれしいー!の気持ちが止まらず
八王子の「染み抜き屋」さんに電話をしていた。

「本当にありがとうございました! すっごくきれいになって
 嬉しくってたまらず電話しました」
そのまんまの気持ちを伝えた。
…いつもは、そのあたりではたと我に返り、
ちょっとオーバーだったかな…と反省が始まり
すごすご電話を切るのだが、感動が止まらない。

これぞ「クリーニング」。これぞ「仕事」。
それを、この1週間で実感させてもらった。
息子の応援までしてもらい、
ネットで知って実際にお会いしたこともないお店ですが
本当にこのお店と出会えて、 
こんなに幸せな気持ちにさせてもらって、本当に感謝でいっぱいだ。

今、息子の帰ってくるのを楽しみに待っているところ(^^)


紹介します。
もし、大事な衣類に困った汚れがついたときは
ぜひ相談なさってください。
我が家は本当に助かりました。
宅配クリーニング「不入流 染み抜き屋」



***
blog
Reiko.S「自分らしく生きる」
目覚めの直感
work
アクセスハートプロジェクト
アクセスハートプロジェクトfacebookページ
favorite
あかね雲
***
[PR]
インデュースを受け
「掴める何か」のエネルギーを得て
受けた今回のアクセスは、私にとって今までと本当に違った。

何が違うか。
自分も相手も、発することすべてが答えに通じているという
はっきりとした手応えがあった。
今までもなかったわけではない。
でも、本当に格段に手応えが違った。

人と向き合うことが、本当に楽しみで
ひとりとの時間が終わるごとに、
いろんな気づき、考える角度を得られ
本当に嬉しく、有り難く思った。

その中で、私が今後自分の仕事を進めていく上での
軸となる言葉を出せたこと、
その言葉が出た時の相手が、私が今年収穫を得るために
ほしい「サポートする人」だったこと、
そして、その言葉が出た瞬間、互いに「それだ!」と言い合えたことが
心底嬉しかった。

もちろん、言葉が出て「めでたしめでたし」ではなく
ようやっと、行き先が決まった、という段階ではある。
それでも、行き先が見え、共感し合える人がいてくれるのは心強い。

ここからだ。
これからだ。

心浮き立つところに、次にきたテーマが「自分の弱いところ」だった。

テンションが下がるのが自分でもわかった。
弱いところには触れたくないのだ。
このまま気持ちよく進めて行きたいのだ。
しかし、自分の弱さを知り、何故にその弱さが出るのかを知らなければ
自分の道をやり遂げることはできない。(…と今はわかる)
知らなければ、これまでの間違いをまた繰り返す可能性がある。
弱さはクセにもなっているから。

すぐ逃げる。
すぐに面倒くさがる。
面倒なことは避ける。
びびる。
変化が怖い。
責任逃れ。
自分が信じられない。
覚悟が足りない。

などなど、グループでの話し合いで出て来たが
これらは「症状」であって、(今だからわかる)
何が、どこが弱くてそうなる、その「弱さの大元」にたどり着けない。

別のグループで一つ答えが出た。

「意志が弱い」

・・・なるほど。
確かに自分たちの「症状」はそこに端を発していると思った。
しかし、どうして「意志が弱い」んだろう。
なぜ、意志が弱くなるんだろう。
疑問が残った。

「掴んだものは何か。
 何かを掴んではいる。それを意識にのぼらせる。
 言葉になっていないとしたら、それを求めていってください。
 これまでの人生の集大成が、この人生です。
 この人生をやる遂げることで、
 これまでの人生の集大成をやり遂げることになります。
 どれだけよく生きていくか。
 誰も道を間違えたくないんです。
 間違えない方に進むこと。
 皆さん、よい人生にしてください」


掴んだものは何か、結局今もこれというところまで
行き着いていない。
わからない。
わからないけれど、わからないからこそ、
それを求めていこう。
今はそう思っている。


☆アクセスハートプロジェクトの
 ワークショップ情報はこちらをご覧下さい。
 2月は東京、仙台で開講します☆







***
blog
Reiko.S「自分らしく生きる」
目覚めの直感
work
アクセスハートプロジェクト
アクセスハートプロジェクトfacebookページ
favorite
あかね雲
***
[PR]
目には見えず、手に取れず、だけど掴める何かがあります。

本当にその言葉通りだった。

「皆さん掴みました」…と言われても。
目に見えるものも、手に取れるものもあったわけではない。

ただ、目を開けた時、今ここに自分がいるという
「確かな感じ」があった
「据わった」感とでもいえるだろうか。
動じない、静かで落ち着いたその感じが気持ちよくあった。

掴める何か、はあったと思う。

なぜなら、その日のアクセスハートコミュニケーションは
向かい合う一人ひとりが「かさこじぞう」の
お地蔵さんのように思えたから。

「答えをもってきてくれる」
そう思えるほど、
日頃考えていたことや、少し前に考えていたこと
考えたままフックにかけておいたような事の答えを
自分が受け取った直感、として私の前でしゃべってくれた。
あるいは、
止まっていた考えを動かす言葉を投げかけてくれた。

頭の中で「こうだ」と思っても、
実際に言語化されていないと
自分の中にあっても定着しないことがある。

例えば、ある人とペアになったとき
私は、「人生の 師 について」問いかけた。
その時に、ペアになった相手は、「最高の先生に恵まれている」
という答えを返してくれた。

「ああ、そう言う(表現する)んだな。」と思った。
感じてはいる。思ってもいる。
そのfeelはあっても、どう表現するのかまで
落とし込めていなかったりするのだ。

人は言葉で考える。
だから、思いも言葉になれば頭の中でも明確になる。

「最高の先生に恵まれている」
その言葉通りだ。私も本当に先生には恵まれて来たと思う。
そして、その恩をいつも返せずに来たような気がして
自分は恩知らずな人間なのではないかと
自分を責めてしまうときがあることも知っている。

「最高の先生に恵まれている。」
「そのことに感謝している。」

相手の発する言葉をそのままにただ受け取りながら
私は、その言葉と自分の中にあるものとの差異と
差異に当たる部分がどう言葉で表現されるのかを
ずーっと考えていた。

「私にとって 感謝 って何なんだろう?」

ワークから数日経ってもずっとそのことを考えていた。
そして、出た結論が
「おかげさまで、やり遂げることができました」
これをもって、私は「感謝」としたいんだ。
という自分の気持ちを掴むことができた。




つづく


***
blog
Reiko.S「自分らしく生きる」
目覚めの直感
work
アクセスハートプロジェクト
アクセスハートプロジェクトfacebookページ
favorite
あかね雲
***
[PR]
「インデュース」を受けるようになって
何度も書くが、息を吸っても幸せ、吐いても幸せ
それを感じた。以来、呼吸が
自分のバランスを整えるとても大切な方法になった。

そして、「インデュース」によって
私は自分自身の「地ならし」をしてるのではないかと
思い始めた。

地ならしをする。それには目的がある。
それが、「真」の一文字から始まったと思う。

「真の自分を掴みたい。」

そこに向かって、私は今の自分を賭けている。
人生を賭けている。持っているものを全部注ぎ込みたい。
全部使いたい。使い切り活かしきりたい。
なのに、それが出来ていないことも知っている。

タマラさんは、アクセスハートコミュニケーションを始める前に
「真」について、時間をとって話された。
よどみなく、滔々と話された。

そして、アクセスの前に、
「真の自分に向かって生きることを確実にする
そのためのエネルギーを受け取ってください」と言われた。
自分の真に向けて生きるための何かを掴む。
その「掴む」エネルギーを私たちは受け取った。

目を閉じ、タマラさんの言葉に導かれながら
今の私の今までの人生も含め、
前世と呼ばれるこれまでのたくさんの人生
意識化されずとも自分の中に記憶されているすべての人生を通過した。
そして、最後に今の自分に戻る。

その、どんどん人生を通過していく間、
私は、宇宙のような空間を、ただただ足の裏に圧を感じながら
降りていった。

怖くもない。喜びでもなければ悲しみでもない。
ただただ足の裏に圧を感じながら、
ひたすらに自分の体がその空間を降りていった。
そして、最後、今の私の中に入った…というか戻った。

戻っても、特段の喜びや特段の悲しみがあるわけではなかった。
ただ「私だ」と思い、それ以外何もなかった。
目を開けてもそれは変わらず、
「今ここに私がいる。」
静かにそう思った。


つづく
***
blog
Reiko.S「自分らしく生きる」
目覚めの直感
work
アクセスハートプロジェクト
アクセスハートプロジェクトfacebookページ
favorite
あかね雲
***
[PR]
開始前、タマラさんからホワイトボードにある一文字を書くように言われる。

「真」

最初書いた時、「タマラさんに言われて」書いていた。

「落ち着いて、もっとよく考えて」

・・・あ、もう始まったんだ、そう思った。

ホワイトボード全体を見ること。
その中で、どのようにその一文字を書くか。

書く。消す。
書く。消す。
書く。消す。
何度書いても、軽い。
ただ大きいだけでは違う。
ただ勢いよくでも違う。
書く。消す。
書く。消す。
書く。消す。

ざわざわしていた会場が、徐々に静かになっていく。
最後、背中に熱視線を感じながら、静かな熱さの中で書いた。
でも・・・思うように書けなかった。

ホワイトボードが「今」という時空だとしたら
そこに書き表されるべき「真」は、私。
「本来の私」だと思う。

おそらく書いたのは「こんなもんかな…」としている私だった
そう思う。
今の自分が全部出ていたと思う。

「真」の文字を書くところから始まって
タマラさんが話を始められた。




***
blog
Reiko.S「自分らしく生きる」
目覚めの直感
work
アクセスハートプロジェクト
アクセスハートプロジェクトfacebookページ
favorite
あかね雲
***
[PR]
今年最初のアクセスハートコミュニケーション。
数日前に

年頭のセミナー、何かがあります。
目には見えず、手に取れず、だけど掴める何かがあります。
何かを求めている方は、この一年をより良くする為にも受講して下さい。


講師であるタマラさんのこのメッセージが「あかね雲」にも掲載された。

「掴める何かって…なんだろう」

スタッフである私にも…それはわからない。
タマラさんのワークショップは、もう10年近く受けて来ているが
ワークショップタイトルは同じでも、内容は毎回違う。
その日、その時の、会場に集まっている人によってフレキシブルだ。
だから、同じタイトルのワークショップでも
何度も参加する人、別の地域での開催にも参加する人などもいる。
「出ないと損した気がするから」
出ることが、自分にとって得だ感じてくださる。
実感あってのその言葉だと思うと、
スタッフである私も嬉しい気持ちになる。

今回のワークショップは、タマラさんの「メッセージ」もあって
「掴める何か」を掴もうと40名近い参加になった。

その輪の中に私も入れていただいて
ワークショップがスタートした。

つづく…

***
blog
Reiko.S「自分らしく生きる」
目覚めの直感
work
アクセスハートプロジェクト
アクセスハートプロジェクトfacebookページ
favorite
あかね雲
***
[PR]
ジェラシーを感じることがある。
その感情に翻弄され、気持ちが重くなる。
ジェラシーは、その「人」に向けたものだと最初は思う。
その人が羨ましい。妬ましい。

そんな自分に疲れて来た。嫌な自分。嫌な状態。
「この感情の根本には何があるのか知りたい」
そう思って、インデュースをやった。

大きく息を吸い、気持ちよく吐く。それを繰り返し
頭らから順に、自分自身をイメージで軽くしていくと同時に
タマラのエネルギーで満たす。
そして、呼吸を意識しながら、軽さと明るさに身を委ねる。

しばらくすると、「もういいやろ」というスカッとした気持ちがわいて来た。
まだジェラシーについて消化していないよな…と頭にはあるのだが
自分の中から「もういいやろ」と、
覆われた雲が切れて青い空が広がっていく感じ。

もういい。この感情に浸っているのは終わり
知りたいのは、この感情が起きた原因。

その「人」へのジェラシー、ではない。
その人の「やったこと」に感情を刺激するものがあるとわかる。
そして、その人がやったことは、自分も「興味があること」だとわかる。
興味があるが、自分の中では進んでいないこと。
だから、進めたその人が羨ましいのだ。

つまり、「私もその分野をやってみたい」んだとはっきりした。
やってみたい。興味がある。その気持ちに面と向かうと、
ジェラシーは消えていた。
不思議なくらい、何も気にならない。
それどころか、そこからさらに自分の本心と向き合う。
そして、さらなる「ありのままの自分」が見えて来た。

すっとーんと腑に落ちると
その瞬間から、「何から始めようか、どうやってやっていこうか」
頭がどんどん働き始めた。

自分の望むところを思うと、
今の私では足りない事だらけだということがはっきりした。
これまでだと、またここで凹み面倒くさくなるのだが
そわそわ+わくわくしている自分を感じている。

インデュースは、「自分とのコミュニケーション」。
タマラさんのワークで4日、自分では思った時にやってきたが
このインデュースで
自分自身の「地ならし」をしているのではないかと思った。



***
blog
Reiko.S「自分らしく生きる」
目覚めの直感
work
アクセスハートプロジェクト
アクセスハートプロジェクトfacebookページ
favorite
あかね雲
***
[PR]
銀座のアップルストアに行った。

修理をしてもらいたくて出掛けたのだが
事前にネットで予約しなければならなかった。
門前払いか…と思ったが、そこは「アップル」。
店員さんは、誰もが使えるその場にあるデモンストレーションの1台から
アップルのサイトを立ち上げ、修理の受付を一緒にやってくれた。

感動1(デモ機でやるって発想なんだ!○○用っていう発想じゃないんだね)

ここからこうやって申し込むんですよ、と
店員さんと画面をみながら並んでやるので、
次回は自分で出来るし、
事前申込が必要ということがしっかりインプットされた。

時間まで少しあったので銀座をぶらぶら。
再びストアに戻って、店内奥のガラス張りのエレベータにのる。
普通は行き先階を自分で押すはず。
でも、誰も押さない・・・にわかにドキドキ。
そこにあった、今どこの階にいるかを点灯させる数字に触れてみる。
「あ、このエレベータ、自動運転みたいですよ」
私の後にいた女性が教えてくれた。
「そうなんですか! やだ、押しちゃった・・・」一人赤面。
カゴにのっていた外人ファミリーがそのことを話題に何だか話してる。
私の語学力でもわかりました、その話、私のことですよね?(^^:)

感動2(エレベータからワークショップも垣間見えるんだ!)

3階だったと思う。
シアターのようになっていて、画面をみながらのワークショップ。
私たちエレベータのカゴに乗っている人間は、
スケルトンの壁を上下に移動しながら各階を覗き見していく感じだ。
エレベータは、よくある「ポーン」という音とか
「ドアが閉まります」みたいな音は一切発しない。
無駄な音を立てないので、ワークショップ中に、ドアが開閉しようと
受講している人は気にならない。
私たちも壁になって何をしているのかひととき知ることができる。

4階の修理の階にいくと、エレベータのカゴの前でスタッフが数人待っている。
ちょっとこれにはドキドキしたが、「お名前とご予約時間を」と聞かれ、
その人が対応してくれるという流れになっているようだった。
私の担当になってくれた男性は、私の説明のポイントを上手く掴んでくれて
迅速に「最高の決定」をもたらしてくれた(^^)/
「私の話のポイント」を掴んで、聞いてくれる人に対して
好感を抱きますね。
その人を通して、アップルという会社がさらに「いい会社」になる。

感動3(決定権が現場にあるっていいわ!)

帰りは途中階で降りたので、そこからは階段でおりた。
が、その階段が、一度数段上がって、そこから下に降りるようになっていた。
一瞬戸惑う。
そう、アップルの建物の中で、私は「一瞬戸惑う」ことが多かった。
修理の受付、エレベータ、階段・・・。

フロアには、スタッフの数が多い。
それに比して、説明書きやポップみたいなものは、
ほっとんど目につかなかった。

私は自分の感じた戸惑いと、
説明書やポップの少なさとの関係を帰り道々考えていた。

そして、私はその都度、人に聞いたり、教えてもらったり、
私の頭にはそこにいた「人」がはっきり残っていることに気付いた。
肝心なところに、いつも人がいた。

コミュニケーション。

ここでは主役はあくまで人間で、人間の人間らしい部分
(知りたいと思うこと、戸惑うこと、顔を見て話をすること、
 意見の相違、わかりあうこと、共感すること、
 感じること、想像すること…など)
これらを、(あえて)残そうとしているのではないか。

作業ベースはコンピュータのシステムで快適にします。
ただ、あなたがいて、私がいます、その根本を感じる場
何よりの快感として、尊重します。

「何が起きるかわからないっていうのが楽しいじゃない?」

簡単に言えば、そういうこと。
気持ちが動く、感情が動く、どきどきする、わくわくする。
一瞬にして、変わっていく自分という存在。
誰かと触れあって、一瞬にして変わっていく自分という存在。

最たる不確定な存在である「人」がいる。
人を尊重する。
そこがアップルストアだった、そう思いながら電車に乗った。




【アクセスハートプロジェクトよりお知らせ】

【1月12日(土)】
思考力を鍛える
トラストハートディスカッション
午後1時半~5時 ※受付1時15分
受講費:5,000円

【1月13日(日)】
直感力を磨く
アクセスハートコミュニケーション
午前9時半~午後5時 ※受付9時15分
受講費:10,000円

会場は、いずれも「かつしかシンフォニーヒルズ別館」
(東京都葛飾区/最寄り駅:京成線青砥 下車徒歩約7分)
http://www.k-mil.gr.jp/institution/access/sym_access.html

お申込み/お問合せは アクセスハートプロジェクトまで。
http://www.accessheart-project.info/


***
blog
Reiko.S「自分らしく生きる」
目覚めの直感
work
アクセスハートプロジェクト
アクセスハートプロジェクトfacebookページ
favorite
あかね雲
***
[PR]