仲間とskype

12月になり機関誌の編集も山を登り始めている。
昨日と今日は、国内各地そしてネパールにいる仲間と
skypeで、掲載する原稿について語り合った。

原稿と向き合うことで、
自分の経験や体験や実感や思いや考え方の癖など
自分のことが浮き上がってくる。
人の話を聞くと、また自分の中から出てくるものがある。

豊かな感性。この言葉はとても深いと思っている。
感性は誰もが持ち合わせているが、ネガティブからポジティブまで、
極の極、端の端、底の底まで感じとろうとする覚悟と行動によって
豊かに「なっていく」ものではないか、と思う。

今、一緒につくりあげようと集まっているみんなは
それぞれに自分の感性の「楽でなさ」を経験を通してわかっている。
「程よいということを知らないの?」
自分の感情の傾斜にずり落ちそうになりながら、
時に足を滑らせ、転んで痛い思いをしたあげく後退し、
むなしく途方に暮れる時もある。

そんな話をしていて思う。一人ではないんだ、と。

未来永劫ぴったり一緒というわけにはいかない。
人と人とを分つものはいくつもある。
でも、今ここに語り合っているという事実、
そして、みんなへの愛おしさは、今ここにいる私の中に確かに存在し
私を温め、励まし、凛とさせ、明日へと私をつないでくれている。


c0050708_2030594.jpg








Reiko.S
Writter&Editor
AccessHeartProject
[PR]
by bluebean | 2012-12-02 20:33 | つながり