アップルストアにて

銀座のアップルストアに行った。

修理をしてもらいたくて出掛けたのだが
事前にネットで予約しなければならなかった。
門前払いか…と思ったが、そこは「アップル」。
店員さんは、誰もが使えるその場にあるデモンストレーションの1台から
アップルのサイトを立ち上げ、修理の受付を一緒にやってくれた。

感動1(デモ機でやるって発想なんだ!○○用っていう発想じゃないんだね)

ここからこうやって申し込むんですよ、と
店員さんと画面をみながら並んでやるので、
次回は自分で出来るし、
事前申込が必要ということがしっかりインプットされた。

時間まで少しあったので銀座をぶらぶら。
再びストアに戻って、店内奥のガラス張りのエレベータにのる。
普通は行き先階を自分で押すはず。
でも、誰も押さない・・・にわかにドキドキ。
そこにあった、今どこの階にいるかを点灯させる数字に触れてみる。
「あ、このエレベータ、自動運転みたいですよ」
私の後にいた女性が教えてくれた。
「そうなんですか! やだ、押しちゃった・・・」一人赤面。
カゴにのっていた外人ファミリーがそのことを話題に何だか話してる。
私の語学力でもわかりました、その話、私のことですよね?(^^:)

感動2(エレベータからワークショップも垣間見えるんだ!)

3階だったと思う。
シアターのようになっていて、画面をみながらのワークショップ。
私たちエレベータのカゴに乗っている人間は、
スケルトンの壁を上下に移動しながら各階を覗き見していく感じだ。
エレベータは、よくある「ポーン」という音とか
「ドアが閉まります」みたいな音は一切発しない。
無駄な音を立てないので、ワークショップ中に、ドアが開閉しようと
受講している人は気にならない。
私たちも壁になって何をしているのかひととき知ることができる。

4階の修理の階にいくと、エレベータのカゴの前でスタッフが数人待っている。
ちょっとこれにはドキドキしたが、「お名前とご予約時間を」と聞かれ、
その人が対応してくれるという流れになっているようだった。
私の担当になってくれた男性は、私の説明のポイントを上手く掴んでくれて
迅速に「最高の決定」をもたらしてくれた(^^)/
「私の話のポイント」を掴んで、聞いてくれる人に対して
好感を抱きますね。
その人を通して、アップルという会社がさらに「いい会社」になる。

感動3(決定権が現場にあるっていいわ!)

帰りは途中階で降りたので、そこからは階段でおりた。
が、その階段が、一度数段上がって、そこから下に降りるようになっていた。
一瞬戸惑う。
そう、アップルの建物の中で、私は「一瞬戸惑う」ことが多かった。
修理の受付、エレベータ、階段・・・。

フロアには、スタッフの数が多い。
それに比して、説明書きやポップみたいなものは、
ほっとんど目につかなかった。

私は自分の感じた戸惑いと、
説明書やポップの少なさとの関係を帰り道々考えていた。

そして、私はその都度、人に聞いたり、教えてもらったり、
私の頭にはそこにいた「人」がはっきり残っていることに気付いた。
肝心なところに、いつも人がいた。

コミュニケーション。

ここでは主役はあくまで人間で、人間の人間らしい部分
(知りたいと思うこと、戸惑うこと、顔を見て話をすること、
 意見の相違、わかりあうこと、共感すること、
 感じること、想像すること…など)
これらを、(あえて)残そうとしているのではないか。

作業ベースはコンピュータのシステムで快適にします。
ただ、あなたがいて、私がいます、その根本を感じる場
何よりの快感として、尊重します。

「何が起きるかわからないっていうのが楽しいじゃない?」

簡単に言えば、そういうこと。
気持ちが動く、感情が動く、どきどきする、わくわくする。
一瞬にして、変わっていく自分という存在。
誰かと触れあって、一瞬にして変わっていく自分という存在。

最たる不確定な存在である「人」がいる。
人を尊重する。
そこがアップルストアだった、そう思いながら電車に乗った。




【アクセスハートプロジェクトよりお知らせ】

【1月12日(土)】
思考力を鍛える
トラストハートディスカッション
午後1時半~5時 ※受付1時15分
受講費:5,000円

【1月13日(日)】
直感力を磨く
アクセスハートコミュニケーション
午前9時半~午後5時 ※受付9時15分
受講費:10,000円

会場は、いずれも「かつしかシンフォニーヒルズ別館」
(東京都葛飾区/最寄り駅:京成線青砥 下車徒歩約7分)
http://www.k-mil.gr.jp/institution/access/sym_access.html

お申込み/お問合せは アクセスハートプロジェクトまで。
http://www.accessheart-project.info/


***
blog
Reiko.S「自分らしく生きる」
目覚めの直感
work
アクセスハートプロジェクト
アクセスハートプロジェクトfacebookページ
favorite
あかね雲
***
[PR]