人気ブログランキング |

GWはサッカーざんまい

またまたお久しぶりのあおまめです。

ゴールデンウイーク、いかがお過ごしですか?

こちらは、毎日サッカーざんまいです。

え? スタジアム観戦か? いえいえ、土手観戦ですよ(^^)

子どもの所属するチームの、6年生の試合を見にいきました。

いや〜〜〜〜〜〜、6年生はさすがにすごいです。

うちの子があんなふうに大きくなるのか、、、ミラクル☆

でも、みんながみんな大きいわけじゃなくて

ひょろ〜っとした子、がっちりした子、小さい子、いろいろいて

見た目の大きさが さまざまに よりはっきりするんだな、って

そんなことを思いました。成長にはいろんなカタチがあるんですね。

プレーをみていても、「あんたほんとに小学生?」と思うほどの

ファンタジックな心踊らせるプレ一をする子もいる。

次から次へとパスをつなぎ、チャンスあればどんどんシュートしてくるチームもある。

そういうチームをみていると、人数まで「多いんじゃない?」って

錯覚してしまうくらい、ものすごく連係がいい。

そういうチームって、集中力が高い。

どの瞬間も余すことなくゴールに向かう。「あ〜あ」とか「いらいら」みたいなものが

あるんだろうけど、あるとしても、その「あ〜あ」に使う時間をエネルギーを

ゴールにつながる方向に変換している感じがするんだよね。

で、自分のプレイを確実にやる。

・・・どんなチームと対戦しても、ちゃんと自分の仕事をやる。

それって、すごいなって思う。それを支えるのは、、、やっぱり練習なんだと思う。

どんどん練習をして、いろんなケースを自分の中に蓄積していって

自分のプレイの密度を高めて、センスをさらに細やかにしていく。

精神力と体力はどんどんタフになっていく。



相手の力量に振り回されてしまうチームもある。

相手が強いときは自分の能力を相手に引っ張りだしてもらう感じ。

相手が弱いときは、その相手のレベルに合わせて、持ち前の力を発揮しない。


子どもの姿に、いろんなことを教えてもらっている。