ひとつづきの私

偶然つけたTV。「心の時代」の再放送でした。

生命科学者の柳澤桂子さんが話をされていました。

お話の中で、一か所、聞いた瞬間にぱっとイメージになったところがありました。

「私たちは宇宙の一部分」というところです。


宇宙と私、ではなくて、私たちも宇宙。ひとつづき。

浮かんだイメージは、大陸の小さな小さな部分である「私」からひろがるものです。

ひとつづきということは、そういうことなのだと、思いました。

小さな一部分が「どうあるか」ということの大きさです。

宇宙で起きていること、遠く離れたところで起こっていること、

よいことも、わるいことも、私とひとつづきであるということ。


このことを知って、誰にでも、今すぐ地球や宇宙に

出来ることがあることに気が付きました。

私が思うこと、やること、ぜんぶが、

みんなにつながっているということへの「感謝と歓喜」です。

「ありがとう!」と思えば、ひとつづきに世界につながっていきます。


今日1日、いくつ「ありがとう!」を発信出来るでしょう! ワクワクします。
[PR]
by bluebean | 2005-02-07 09:59 | つながり