明日のことはわかりません。

息子の絵画教室の場として、また教室のギャラリーとして

お世話になっていたカフェレストランが火事になって燃えてしまいました。

明日も、明後日も、1ヶ月後も、1年後も、あると思っているものが

たっくさんあります。

でも、本当は、「あるという前提」で話をしているだけなんですね。

思い出になってしまったあの場所に「さようなら、ありがとう」

そんな気持ちで書いています。
[PR]
by bluebean | 2005-02-11 14:55