すしweek

昨日の続きになりますが
今週は普段の私なら行かない、行けない老舗のおすし屋さんを訪ね味わった、忘れられない日々を過ごしました。
回転寿司で十分贅沢な私。
老舗のすしがわかるかなと最初は不安だったのですが、一軒二件と食べるにつれて、
あら!あらあら!と、ぱーっと感覚が開くような、清々しい喜びを感じてる自分がいました。
あっさっきの店と違う!
それはホントに違いなんです。すし、店ごとに違うんだ! びっくりでした。
私は単純に、うまい寿司とうまくない寿司があるんだと思っていました。
でも、そんな単純な二極化じゃないことを、自分の感覚でしってしまって!!!!!

はまりました。

最初、私は自分の感覚を店の人に伝えるのをためらいました。
食物専門のライターじゃないし、
下調べも資料をチラリ見ただけだし、
老舗の職人さんに聞いちゃいけないタブーもあるんだろうなあ。
そんなことを考えだしたら、
「これ何?」と、わいた自分の気持ちをスルーしはじめました。
わいたのはわかっているんです、でもなんていうんでしょう、
感情が能面化?しはじめたんです。

スルー。
スルー。
スルー。

そのことに気づいていました。でも、なんやかんやで誤摩化しました。
疑問をきかないまま、たんまり素朴な疑問をお澄まし顔で持ち帰った私。
帰宅した私を襲ったのは、「強烈なる八つ当り」という名の病でした。

つづく。


*人気ブログランキングに参加しています!*
よろしければ、こちらのバナーをクリックしてください。1票になります!
ランキング画面が表れましたら、「Reiko Aomame」を探していただき
クリックしていただくと、もう1票入ります! 応援よろしくお願いします*

未だかつてないほどランクダウンしてしまいました。
忙しさにかまけてさぼったからです。
自業自得ですが、ここからまた書き続けます。
応援よろしくお願いします。 

 ←こちらをクリックしてください。
[PR]
by bluebean | 2007-11-09 18:25