柴犬さくら

実家の柴犬はさくらといいます。

この犬を世話してくれたおじさんが亡くなったことを書きましたが

おじさんは夜中12時頃、一人で息を引き取ったそうです。

おじさんの家族は、臨終に間に合わなかったのです。

ただ・・・。


その晩、夜中12時頃、柴犬さくらは犬小屋でガタガタガリガリ

落ち着かなかったそうです。

柴犬さくらは、普段知らない人が来てもぜ〜んぜん吠えず、

ぐずりもせず、なきもせず、わめきもせず、いつもちょこんと座ってる

静かな犬です。喜びモードも無言です。

ただしっぽをふりまくり、後ろ足でたって「おいでおいで」と呼びます。

そのさくらが、犬小屋の中であまりにガタガタうるさいので

寝ていた父が「どうしたんや〜」と、様子を見に行ったそうです。


翌朝、おじさんの訃報。

母はその時間を聞いて、さくらのことを思ったそうです。

「おじちゃんのこと、さくらなりに感じたんかな・・・」と。


本当かどうかはわかりません。さくらに聞いてみるしかないけど…。
[PR]
by bluebean | 2005-02-26 16:33