電車の中で

この間、打ち合わせに向かった電車の中で

ママと男の子が同じ車両に乗っていました。

男の子は3歳ぐらいでしょうか。

うちの息子は、電車が大好きで、電車に乗ると大騒ぎでしたが

その男の子はとてもお利口でした。

靴を脱ぎ捨てて、窓に鼻をくっつけ、あーだこーだと

ぶつぶついいまくり、「のどかわいたー」「はらへったー」「まだー」

電車に乗っている間中、何かしゃべっていたうちの息子と違って

本当に静かな男の子でした。


その子が、ちょっと座席からずり落ちました。

「こら、ちゃんと座って」

すかさずママの声が飛びます。(え?)私は本を読むのをちょっとやめました。

でも、またすぐ本を読み出したのですが、

視界のすみで、またちょっと男の子が動きました。

「ちゃんと座ってなさいって、言っているでしょ」

(え?) そういうことが続く内に、私の中で疑問が溜まっていきました。


どうしてこんなにお利口な子どものことを、ママは叱るの?


不思議に思いながら・・・でも、私の中にもあのママがいることを感じていました。

私も、彼女のように「要らぬこと」をするのです。

余計ではなく、「要らぬこと」です。

そのことをある方からピシッと言われたとき

ああ…と反省しながらも、「そういうことなんだ!」と

目が覚める思いがしました。


「さあ、降りますよ。ちゃんと掴まって。ドアに触れちゃだめじゃない」

彼女の背中には、1歳になるかならないかの女の子が眠っていました。

お兄ちゃんは黙ってママの言う通りにして、電車を降りていきました。

ママの背中は、少し疲れているように見えました。


「ママ、大丈夫だよ、とってもかわいくて、とってもいい子だよ、安心して」


彼女の後ろ姿につぶやいたAomameでした。
[PR]
by bluebean | 2005-02-27 23:22