人気ブログランキング |

2011年 01月 21日 ( 1 )

昨晩、寝ている息子の手を触ったら
「あっ、あつい」
まずいなあ…と思いながらも、様子を見ようと思い布団に入った。
夜中も気になり、手や首筋に触れてチェック…あつい。

数日来咳き込んでいると思ったが、いよいよ発熱か。
夜が明けて体温を測ると八度に近い。
目が充血しているが、ぐったりはしていないので
自分で病院に行くようにいい、仕事をしていると…帰ってこない。

肺炎でも起こしてたのかな…と心配になるや病院から電話が。
「高熱でしたので、インフルエンザのチェックをしましたら、陽性でした。
 ご説明がありますので、保護者の方に来ていただきたいのですが」

いよいよ来たか…。
病院は、補助イスを出すほど診察を受ける人でいっぱいだった。

昨日の敵は、今日の友ではないが
罹った以上は、じたばたしても始まらない。
処方された薬を飲んで、ゆっくり体を休ませてあとは回復に向かうだけ(^^)

中学生になり、生意気も言うようになり、
異性ということもあるが、中学生時代の私とはずいぶん違う最近の息子。
時々どう接していいのか、どう理解したらいいのかわからなくなることもあり、
お父さんに相談することも多くなったが、発熱は感知できた。

息子が小さな頃から、発熱には敏感だった自分の感覚。
母親ならフツウだよと言われるかもしれないけれど
わからないことが多くなった息子のことで、私にもわかることがあることが
今は自信になって、出席停止の間、彼と過ごす時間、優しくいられるかなと
思っている。



これからも「クリック」お願いします☆  人気ブログランキングへ
by bluebean | 2011-01-21 23:55 | 親子