人気ブログランキング |

2011年 06月 27日 ( 1 )

会社員時代 see →  think → plan → do  ということを
繰り返し言われた。

その頃から、私の中で苦手意識があったが、この週末、鹿児島での「ロジカルインスピレーションセミナー」(タマラアソシエーション)を受けて会社員時代の 課題 に本気で取り組むときが来たという思いで帰って来た。

ロジカルインスピレーションセミナーは
タマラ・加藤憲子さんのエネルギーワークと鳥井一広さん(タマラアソシエーション理事長でイベントプロデュース会社経営)の実践トレーニングがセットになった、新しいスタイルのセミナーだ。

2日コースが基本なところを、事情あって1日のみで受講した。
そのビハインドがあったとしても、自分の発表、ふいにふられた事に対する反応にしても、容易に 考えていない模範例 のようになってしまったことが恥ずかしいというよりもショックだった。

こんなに考えていない、考えられていないのか。。。
そのショックの次に出て来たのは、悔しさ、だった。

出来るはず、絶対に出来るようになる。

タマラさんのエネルギーワークは、どれも「あるもの」に作用する。
その人の中にあるものを、引き出す、オープンにする。
「そこまでが、エネルギーワークでできること」そうタマラさんはいつも言う。

今回のエネルギーワークは、私にとってはとてもパワフルだった!
そう感じたということは、私にとって、力を入れていくべき、磨きがいがある、大事なものなのだと思う。

自分の中にある 考える能力 を日々の中でやっていくなかで
自分の世界が変わっていく 視界が変わっていくのを
受講された皆さんの発表、変化を見たからこそ、自分自身にも予感している。

「自分の人生のたずなは自分で握る」

飛行機の中で読んでいた本の言葉は、「考える」という課題を得て
悔しさとともに私の目標になった。