人気ブログランキング |
息子が、区のサッカー連盟のトレーニングセンターテストを受けた。

暑さを見越して、夜のテストだったが、
昨夜は、Tシャツでは涼しすぎるくらいだった。
テストを受ける子ども達にとっては、よかったかも。

息子は2度目のチャレンジになる。
2月にも受けたが、この時は選ばれなかった。

「私、見にいかないほうがいいかな・・・」
私が見に行かない試合の方が、
シュートを決めたり活躍することが多いのでなんか、複雑・・・。

夫も、なんともいえない顔をしている。

でも、やっぱり見たい!

途中からこっそり見ようと、いろいろ用事を済ませてから向かった。

テストでは、その日、受けにきた子どもたちで無作為に
6人ぐらいの即席チームを作り、ミニゲームを繰り返す。

1チームにつき、5回のミニゲーム。
知らない仲間の中でのチームプレイ。名前も呼べない中で
いかに自分のスキルを活かし、声をかけて連携していくか。
他のチームがやっている間は休めるが
5回やるっていうのは、けっこうスタミナもいる。

5回やるうちに、
その子に本当に基本テクニックが身についているのか
どんな場面でも、センスとテクニックを出せる子なのか
スタミナがあるのか
うわっつらでない部分、本領というのかな、それがはっきり出てくるのだろう。

審査する人も、複数が入れ替わり立ち替わり。
いろんな人の目に、息子がさらされ評価されるのを、
こう、黙って見ているというのは・・・なんともいえない気分だ。

でも、これから上を目指していくとしたら、こういうことの繰り返しになる。

評価を気にして、どうしよう、こうしよう、とするよりも
いかようにも評価してくれていい! と、堂々としていられるだけの
毎日にしていくかだな。
こんなところで、小賢しいことしたって、そんなの所詮メッキ。

メッキをはることを考えるよりも、地金を光らすこと。
それが一番強いし、一番の安心になる。



テストの後、もう当日に、1次合格者の発表があった。
ドキドキしながら耳をすます。
・・・息子の名前が呼ばれた・・・ほーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ。

半数は2次にいけるんじゃないかと、夫は言っていたが
約70人受けて、1次を通過したのは20名だった。

所属チームからは息子を含め3人が選ばれテストを受けたが、通過は息子のみ。
友達の目に、友達の父兄の表情に、悔しさがにじむ・・・。
チームコーチである夫。さぞかししんどいだろうなあ、、、横顔を見て思う。
息子は、たんたんと荷物を片付けていた。

「かーちゃん、自転車に荷物乗っけて」

いつもと変わらない息子に、私は救われた。

いろんなことがあるぞ。いろんなことがある。
でも、いつも、お前は、お前でいろな。
誰にも、目標がある。
それに向かって生きるのが、人間。
みんな、それぞれに、それぞれの目標をいつも掲げて生きているんだ。
その目標をしっかり見ているやつもいるが
見失っているやつもいる。
あっちむいているやつもいる。
こっちばかり気にしているやつもいる。
下向いてるやつもいる。
でも、みんな前に目標を掲げて生きているんだ。

お前の目標を、しっかり見ろ。
そうすれば、いつもお前は、お前だ。


*人気ブログランキングに参加しています!*
よろしければ、こちらのバナーをクリックしてください。1票になります!
ランキング画面が表れましたら、「Reiko Aomame」を探していただき
クリックしていただくと、もう1票入ります! 応援よろしくお願いします*

 ←こちらをクリックしてください。
by bluebean | 2007-09-02 07:47 | 親子
尾島さんちは、うちのすぐ真ん前。
(といっても、環七を挟んでですが^^)

今日は思い立って、親子で江戸切子体験してきました。

職人さんの取材をしていたとき、
尾島さんではなかったんですが江戸切子の職人さんにもお話を伺って
その様子を目にはしていました。

でも、見るとやるのはやっぱり違う。
やっぱり、「やる」ってのは、すごい!

体に感覚が残るってのは、すごいです。
まっすぐに削る、まあるく削る。
2パターンの刃をつかって体験させてもらったのですが・・・感動しました。

ビビるとまっすぐなラインにならず、ステッチになってしまいます。
まっすぐなラインにするには、いかに肝を据えるか。
まっすぐにしてもまあるいのにしても、硝子をどう動かすのか、

手がね・・・思うように動いてくれないんで、それにもびっくりしました。
でも、そういうのすべてが面白い! 
息子がメインだったのに、すっかり私がはまってしまい・・・。

そうやってあれれこれれと試行錯誤して、ふと、なにげなーく置かれている商品を見ると

ほんとーーーーーーーーーーーーーに感動します。

すごい! どうしたらこのラインができるんだろう。どうしたら、こうなるの?

刃にどんな感じで面を当てるのか、その力加減は・・・イマジネーション全開です!

やってみたから、わかったんです。「すごいなあー」って。



前に江戸切子の取材で書いた原稿は・・・あれはあれで嘘も偽りもない。

ただ、今は体験したから、実感がこもる。

今書いたら、また違う原稿になるだろう。

今度はカメラはカメラマンにまかせたいなあ・・・
私あんまり要領がよくないし、やっぱプロの写真は違うからね!



江戸切子、体験したい方、ご連絡くださいませ!
よろこんでご案内いたします・・・
なんてったって、うちからサンダル履きでいけるから(^^)v

*人気ブログランキングに参加しています!*
よろしければ、こちらのバナーをクリックしてください。1票になります!
ランキング画面が表れましたら、「Reiko Aomame」を探していただき
クリックしていただくと、もう1票入ります! 応援よろしくお願いします*

 ←こちらをクリックしてください。
by bluebean | 2007-08-23 18:44 | 親子
N700系で帰ってくる息子を東京駅に迎えに行った。
夫は職場から、私は出先から、別々に向かった。
到着時間、乗ってる車両は知っている。で、現地集合。

私がホームについたのは、新幹線到着の30分前だった。
入場券でホームに入る。そこは、私の大好きな場所。
新幹線が出発を待つホーム、仕事の人、旅行の人、いろんな人が行き交う。
この場所に立つと、本当にワクワクする。そして、どこかに行きたいと思う。

しかし、暑い。
気温+車両の放つ熱気で、ホームはサウナ状態。
「ううううう、ここであと30分はきついなあ・・・」

と、思ったところに、“足かっくん” された。
こんなところで、足かっくんするやつは・・・夫しかいない。

「早いジャーン!、まだ30分もあるよ」(私)
「あんたも早いジャーン!」(夫)

しばし笑って、でも暑くてたまらず、避難。

夫はまめに息子とメールでやりとりしていたみたいだ。
私も出発時間、乗り換え時間を見計らって電話をかけたり、メールをしたりしたが
メールの返事は一言。

電車に乗りましたか? ⇒ 「のりました」

新しい新幹線はいいでしょう。気分はどお? ⇒「いいですよ」

もう東京駅にきています。お父さんも一緒です。 ⇒「は〜い」

夫へのメールの返事もそんな感じだったらしい。
「あいつのメールは、わかりやすくていいな」
「そうなの。端的でいいよね」

なんてこといってるうちに、到着時間。
夫も私もホームの端まで行って、写メを構える。(好きなんです、新幹線^^)
新型車両の顔をばっちり撮って、急いで息子の号車まで走る。

降りてきました! 降りてきました!
ふにふにと、家族全員こそばゆい顔をして再会。

とうとう、息子は往復ひとり旅をやってのけました。

降りてすぐ開口一番言ったこと。
「お母さん、冬もN700系に乗るから。時間調べるからパソ見せてね」

あの、今、帰って来たばかりなんですが・・・。

帰りの新幹線の中で、彼はもうそのことを考えていたんだろう。
駅で新幹線の時刻表をめざとに見つけ、さっそく計画開始です。




*人気ブログランキングに参加しています!*
よろしければ、こちらのバナーをクリックしてください。1票になります!
ランキング画面が表れましたら、「Reiko Aomame」を探していただき
クリックしていただくと、もう1票入ります! 応援よろしくお願いします*

 ←こちらをクリックしてください。
by bluebean | 2007-08-18 09:35 | 親子
昨日、息子の発案で、台所で流しそうめんをしました。
超短距離でしたが、やっぱ竹の上をすべるそうめんは
うまかったです!
c0050708_15542552.jpg



Yahoo!メルマガ メルマガ登録はこちら!



☆ちょっと画像の向きに失敗しちゃったわ☆
人気blogランキングへ
by bluebean | 2007-07-24 15:52 | 親子
「お母さんです。これから帰ります。晩ご飯のリクエストはありますか? お父さんのビールはありますか?」

「(ビールの絵文字)あるよ。リクエストなし」

「きみのメールはわかりやすくていいね」

「ふ〜ん」


・・・「ふ〜ん」っていう文字と、息子の顔が浮かんで、電車の中で吹き出してしまった。

Yahoo!メルマガ メルマガ登録はこちら!



☆さっぱりしてていいわあ☆
人気blogランキングへ
by bluebean | 2007-07-21 23:11 | 親子
時折思い出すことがあった。

それは「〜のために」というスタンスについて。

以前、「〜のために」と口にした時、

それが言い訳になっていることに気づかされた。

え! え! え!

びっくりしたが、たしかに、「〜のために」と思ったところで

私は、自分の中に湧き上がるものの何もないことを感じていた。

言い訳だったからなんだろうなあ。

例えば、子どものために、家族のために。

そういいながら、私はそれを自分の逃げ道にしていた。



Yahoo!メルマガ メルマガ登録はこちら!



☆クリックをお願いします☆
人気blogランキングへ
by bluebean | 2007-07-18 09:41 | 親子
息子のサッカー観戦。
ひさしぶりに息子のプレイをみた。
チームメイトのママたちと話をした。
「ひさしぶりー!」
みんな大きくなったなあー!
プレイスタイルが進化してる子。
変わってない子。
いろいろだが、ふと1年生の頃のみんなのことを思い出し
「あの子たちがねえ…」と、感動する。
パスが出来る、ドリブルで突破できる。
「え? このレベル?」と、夫婦で唖然とした息子の球遊びが
いつのまにか、サッカーになっている。
仲間の進化、対戦相手の強さに鍛えられ
コーチの怒鳴りにもめげず
サッカーだけは一度も「やめる」といわない。

夜は日本代表の試合を見た。

私にできることは何かなと思いながら、ユニフォームを干した。

Yahoo!メルマガ メルマガ登録はこちら!



☆今日も雨かな〜☆
人気blogランキングへ
by bluebean | 2007-07-17 08:36 | 親子
息子のチーム、サッカーです、勝ちました!
1-0
得点は、キャプテンがびしっと決めてくれました!
危うい場面では、キーパーがナイスセーブ。

息子もよく頑張りました!
チームのパパたちから「上手くなった」と、ほめられていました。
私だったら、その言葉に調子に乗るところですが
息子にとっては、あんまり関係ないみたいで・・・(^^)

たぶん、誰に褒められるより、父ちゃんに褒められたいんだろうなあ。
ま、父ちゃんの褒める基準は高いからなあ・・・がんばれよ!


☆一日一押し お願いします☆
人気blogランキングへ

☆メルマガ書いてます☆
Yahoo!メルマガ メルマガ登録はこちら!
by bluebean | 2007-06-18 09:32 | 親子
今、うちにはザリガニの子どもがいる。

3匹。

これまであまりザリガニってなじみがなくて

知らなかったのだが

ザリガニって、脱皮しながら成長するんですね!



「最近、◎◎(息子)、脱皮した感じですね」



サッカーのことで友達のお父さんにいわれた時、

ザリガニが頭に浮かんだ。

そうか〜脱皮かあ。



たしかに最近、息子のプレイする姿は、何か殻を脱いだ感じがしている。

しなやかに、伸びやかになった。

夫の提案で通い始めた、クラブチームでの練習の成果か。



出勤前、

「昨日、★☆のお父さんが、◎◎のこと褒めてくれたよ。
 脱皮したって」

靴を履きながら、「そうかあ?」といって、「いってきまーす」と、出て行った夫。



「いやいや、まだまだ」


見送った背中は、「お父さん」だった。




今日もクリック、お願いします(^^)人気blogランキングへ
by bluebean | 2007-06-06 08:42 | 親子
学校が休みだった息子。
ひとりで映画を観に行きました。

学校が休校の日に、行くと本人決めていたんです。
で、友達にも声を掛けたら、賛成してくれて。
ただ、その中でも一番行きたそうにしてた子が
予定があって、明日は無理かも・・・。

「いいよ、別の日にする」

その時は、友達を遊んでたこともあって気分は「いいぜ!」状態だったんですが
一晩経った朝。
なんか思い詰めてる。
でもはっきり言わない。
くずくずして、やつあたりも甚だしい。

打ち合わせの入ってた私は、息子をやむなく連れて行こうと思っていたのだが
「いかない」
そして、ふかーいためいきをつく・・・

かーちゃんは、キレました。

ぐずぐず、ねばねばしてんじゃねーぞ!
なんも先にすすまんじゃねーか!
かーちゃんはもう約束に間に合わん、もう行く!

頭にキラウエア火山を載せて出掛けた私。

自転車をこぎながら・・・マグマは冷え固まり・・・
これでよかったのか、自分のショートテンパーぶりに、しょぼん。

ホームで電車を待っていると、携帯が鳴る。

すると息子。

「さっきは、ぐずぐずしててごめんなさい。でも、ぼく・・・
どーしても観たい


ふっきれた!


「わかった、いってこい! 友達に、
 まず、すまないと謝って、それから気をつけていってこい!」

「うん、わかった、じゃあね!」

見事に声がりんりんとして、電話は切れた。



一人で映画に行かせていいのか。
あの親は・・・と思われるのが、嫌だったんだな。
かといって、打ち合わせがあるから、一緒には行けない。

私の方も、彼に負けず、ぐずぐずねばねばだった。




好きだー! やりたい! 
そのパワーには、親が思うような「不良な出来事」は入り込まない。
鬱々としていたら
どんなにクリーンな場所にいたって、病むのかもしれない。




あのまま、息子が家にいる姿を思ったら・・・ちょっとぞぞぞっとした。




家に帰ると、息子が
ありがたくも、「3」の話を、嬉しそうに語ってくれた。




・・・「かーちゃん、まだ観てなくて、楽しみにしてたかったんだけど」



ま、いっか! 一人で映画、行ったんだもんな。



一日一回、クリックお願いします☆人気blogランキング
by bluebean | 2007-06-05 04:38 | 親子