人気ブログランキング |
夫の帰宅を待って、遅い夕食をとりながら見た、NHKの『DEEP PEOPLE』。
今回たまたま見たのだが、「指揮者」が今回のDEEP PEOPLEで
年代の違う3人の指揮者がトークし、自分の指揮棒を見せ合ったり、
ステージ前の過ごし方を見合ったりと、面白い内容だった。

指揮者の楽譜は、全パートの譜面が並んで一目瞭然となっている。
オーケストラのそれぞれのパートを把握し、それぞれに自分が出してほしい音を
もらえるようリクエストし、指揮者のイメージするその楽曲の世界を創造していく。

オケとけんかをしたとか、オケのメンバーから辛辣な言葉を向けられたとか
そんな経験もしながら、そうした経験を踏んで、3人3様の在り方がある。

誰それの指揮する***はよかった、とか
わざわざ「誰それ指揮」と書いてあることが、いまいちピンと来ていなかったのだが
番組の中で、同じ曲を三人それぞれに指揮し、見比べ聞き比べるというところがあって、
わざわざと思っていたことの意味が、すとんと腑に落ちた。
指揮者によって、違う。同じ楽譜だろうに、曲の印象が変わる。

「指揮者」とひとくくりにするのは、職業ジャンルであって、
その中にはいろんな個性の、いろんな指揮者がいるんだと、番組を見て納得した。
楽譜に忠実な指揮者もいれば、譜面にない「間」を創造する指揮者もいる。
感性を磨き、感覚を研ぎすませ、作曲者の心情を理解し、楽譜を読み解き、解釈し、
曲の世界を構築し、そして自らタクトをふってその曲の世界を各パートに指示し、
表現として帰ってくるの確認する。

自分の創造した音の世界に包まれる歓喜といったら、ないだろうなあ!と思うと同時に
きっとその次の瞬間にも「ここはこういう表現もあったのではないか」という
新たな創造が始まるんだろうな…とも思った。

面白い。

オケとけんかをした指揮者が
「今の自分だったら、もっとうまく伝えるんだけど」というような発言をしていた。
当時は、自分が思っていることは、当然みんなも思っていると思っていた。
しかし、そうじゃないんだと気づいたと言った。
そこから「コミュニケーション」を大事にするようになった…という話だった。
「人間性」という言葉も、彼の口から語られた。

前日の「アクセスハートコミュニケーション」にも通じ、「復習」のような番組だった。
3日に再放送があるというので、もう一度見てみたいと思っている。
7月最終週は、1日おきに誰かと会うWEEKだった。

「女子会」と勝手にネーミングして楽しんだミーティングあり、
月例の「東京タマラ交流会」も、タマラ・ヒーリング中心で
今回も楽しいひとときを過ごした。

30日には、ずっとやりたいと思っていた
タマラのインストラクターでアロマセラピストの
林洋子さんを迎えての
「洋子さんのアロマ時間」を開催することもできた。
ボトルを見て選ぶ。
…選ぶって自由の象徴的行為。わくわくします。
その香りをかいで浮かび上がる感情、感覚、思い出。
…どれも、誰のものでもなくオリジナルなもの。
自分を知りたい。自分の今しようとしていることに確信を得たい。
感じる → 考える → 言葉で表現する → 自分で確認する、人とシェアする
それによって、私が見たい「その人らしさ」の現れる瞬間に立ち会うことができた。
3時間があっという間だった。
このイベントはもっともっとブラッシュアップさせて展開していきたいと思っている。
(開催希望の方がいらっしゃったら、ぜひ連絡ください。bluebean@g-duplex.bias.ne.jp)


そして、31日。
タマラ・加藤憲子さんの「アクセスハートコミュニケーション」開催。
スタッフとして運営に参加しているが、キャンセル待ちがでるほど好評で、
セミナー途中から、地元でも開催したいとオファーもいただき、
今後の展開、何よりセミナーを通しての出会いが楽しみになっている。

「直感」を受け取れているかな? → 「直感」を受け取れている!

この変化は、実践を通して「楽しさ」から生まれてくる。
自分が楽しく、まわりも楽しんでいる、その空気の中で、
畑でいうなら土地改良のような…
直感を受け取り、そこから考え、組み立て、実現化(収穫)していく流れにのる
ウオーミングアップができたのではないかなと思う。

直感を働かせることから、自分であることを楽しめるようになると
人はどんどんオープンになるんだなと、
受講された皆さんの表情や行動を見ていて思った。

直接話していなくても、グループごとの発表の機会からも、
受信発信ができていたんだと思う。
話す内容を理解するのはもちろん、
話すその表情や声やその人から発せられるすべての情報を
キャッチしあっているからこそ、
「あの人と話してみたい」という興味や、好奇心がわいてくる。

最後の全員での交流タイムの活発だったこと!

「人と話すことが、こんなに楽しくなるなんて思わなかった」

別れ際、話しかけてくださった受講者の方の言葉が本当に心に残っている。
「私にできることは、
 エネルギーワークでみなさんの持っているものを引き出すところまで。
 そこから先は、一人一人の努力、ご自身で磨き上げて行ってください」
タマラさんはいつもこう話をされる。
その方は本当に、日々自分を磨く努力をしてこられたんだと思う。
そして、今日、出会った頃を振り返った時に、
本当に自分の歩み、夢見ていた自分になっていることを実感されたんだと思う。

今日からまた、
目指す自分自身の高見に向かってどんどん歩いて行かれるのだと思う。

7月1日は、新月でした。7月31日も、新月でした。

これからが、本当に楽しみになっています!